芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

薩摩酒造が造る「さくら白波」の魅力に迫る~風味編~

      2016/03/10


薩摩酒造が造る「さくら白波」の魅力に迫る~仕様編~の記事では、私の「さくら白波」に対する並々ならぬ期待を述べてきました。

何とも美しいピンクのラベルに、造りが難しいとされる「黄麹製の芋焼酎」。いよいよ、「さくら白波」の栓を開けてその風味と出会ってみたいと思います。

「さくら白波」いざ!開栓の刻

キャップをとって、香りを嗅いでみます。
開栓

!!!!!

想像していた香りとは全く異なります。それは正に薩摩焼酎の香り!リニューアル以前の「さつま白波」を思い出すような香りです。

「芋臭い」と言うか、いわゆる「芋焼酎が苦手とする方」が毛嫌う香りです。

正直、かなり期待していただけに残念な気持ちになりました。

スポンサードリンク

「さくら白波」を味わう

水割り
氷をグラスいっぱいに入れて、いよいよ「さくら白波」を味わいます。

香りがわたし好みではなかったので、その味わいへの期待感も減少してしまいましたが、気を取り直して味わいます。

「芋臭いあの香りからは、おおよそこのような味だ!」という先入観を持ってその風味と向き合いましたが、結果は全く異なります。

!!!!

滑らかな口当たりで、クセのない味わいです。「芋臭いあの香り」からは想像もできないぐらい飲みやすい芋焼酎です。

ちょっと例えが悪いかもしれませんが、「香り」と「風味」が一致しない「なっとう」のようです。(私はなっとう大好きですよ。)

一度「さくら白波」を味わってからは、どんどん次が欲しくなります。

黄麹特有のバニラのような甘さとサツマイモの甘い香りは、後切れの中でほのかに感じることができます。

私が想像していた「女性のような繊細な味わい」というよりは、女性の「厳しさ(香り)」と「やさしさ(味わい)」を兼ね備えた芋焼酎でした。

「さくら白波」を飲んでみた感想

香りを嗅いだ時は、いつもの薩摩焼酎の香りと変わりませんでしたので、正直がっかりしました。

ですが、その香りからは想像もできない程、口当たりは良く、クセが無く飲みやすい芋焼酎です。

それでいて、サツマイモの甘い風味もほのかに感じるので、芋焼酎としての特徴も備えています。

「さくら白波」は香りと風味のギャップにやられて、次から次へと欲しくなる芋焼酎です。

これから、他の黄麹製芋焼酎を探究してみたいと思います。

今回使用した芋焼酎「さくら白波」はこちらです。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします。

 - 焼酎業界の話題, 芋焼酎評価

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

噴火
口永良部島の噴火で垣間見える地元の絆!私たちにも出来る意外な復興支援方法とは!?

2015年5月29日に起きた口永良部島の噴火が思わぬところに影響を及ぼしています …

102042_1
「茜霧島」の発売を心待ちにしない人達とは!?

「茜霧島」の3回目の発売から一か月の月日が流れました。 当サイトに訪れる方も「白 …

麹プロジェクト
本格麦焼酎「いいちこ」でお馴染みの「三和酒類」が遂行する「麹プロジェクト」!新たなジャンルへの挑戦!

下町のナポレオン「いいちこ」でお馴染みの三和酒類が遂行する「麹プロジェクト」が地 …

img105610749501
ハワイの芋焼酎「浪花」の原点!万膳酒造が造る「萬膳」と「黒霧島」を比較

以前、ハワイのお土産はもう迷わない!日本人も驚くその商品とは!?の記事でご紹介し …

グラフィックス111111
新旧プレミア対決 赤霧島と茜霧島を徹底比較~風味編~

「赤霧島」と「茜霧島」の風味はどのような違いがあるのでしょうか!?原料などの仕様 …

グラフィックス1
「焼き芋焼酎」と「芋焼酎」の違い~風味編~

「焼き芋焼酎」と「芋焼酎」の違い~製法編~の記事で述べましたように、「焼き芋焼酎 …

sakurajima
リニューアルした「白波」、「黒白波」に懸ける薩摩酒造の本当の思いとは?~前編~

当ブログでも再三取り上げております、「黒白波」と「さつま白波」のリニューアル!薩 …

b-r02_0_b
酒類業界の発展に不可欠な近年の飲酒者志向!その3つの要素とは!?

一昔前はちゃぶ台に清酒の一升瓶を置いて、親父が酒を乱暴に飲む姿がありました。 こ …

不二才ヘッド1
「薩摩の薩摩」が生み出す芋焼酎「不二才」と「白霧島」を比較!

「不二才」と書いて「ぶにせ」と呼ぶ本格芋焼酎があります。 「不二才」は、鹿児島県 …

tatibana
あの名蔵が造る芋焼酎「橘」と「白霧島」を徹底比較

「橘」と言えば、プレミア焼酎「百年の孤独」でお馴染みの「黒木本店」が造る芋焼酎で …