芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

困難を乗り越えて!美味しい「クラフトビール」への歩み

      2015/07/22

あいにくの梅雨空が続きますが、梅雨が明ければいよいよ夏到来です。

ビールが美味しい季節がやってきますね!芋焼酎も好きですが、やはり夏はビールでしょう!
namabi-ru
最近話題になっている「クラフトビール」を御存じでしょうか!?今、「クラフトビール」が熱いのです。今回はこの「クラフトビール」に注目します!

「クラフトビール」とは?

kuo
「クラフトビール」は何となく拘って造った「ビール」のようなイメージを持っていますが、アメリカで盛んです。

アメリカでは「クラフトビール」はこのようなことが定義付けされています。

・小規模で製造していること。
・独立した会社であること。
・伝統的な製法を用いていること。

アメリカではこの3つの条件を満たしていることが「クラフトビール」として認められているとされています。それぞれ個別に見ていくと次のような定義があります。

小規模

「小規模」の条件は年間製造量が70万KL以下とされています。

独立

クラフトビールメーカー以外の酒造メーカーに所有・操作されていないこと。

伝統的

麦芽100%のビールを主力商品としていること。

ここまではあくまでアメリカにおける「クラフトビール」の定義になりますが、果たして日本において「クラフトビール」とはどのような定義・ルールがあるのでしょうか!?

スポンサードリンク

日本「クラフトビール」の歩み

日本の「クラフトビール」の歴史は20年前に遡ります。1994年の酒税法改正により酒類製造最低数量が60klとなりました。

これによって少量生産が可能となり、全国に小規模なビール製造会社が誕生しました。当時「地ビールブーム」が巻き起こったわけですが、これが今の「クラフトビール」ブームの母体となっているのです。

元々地ビールは地場産業の発展を目的とした会社が多く、設立したばかりの会社は醸造技術もまだまだ未熟でした。その影響もあり「高価な割には味がいまひとつ」という印象が定着してしまいました。

次第に地ビール製造会社も少なくなり300程あった地ビール製造会社も2005年には180まで減少しました。

その間、少しでも「地ビール」を飲んでもらおうと、地ビール製造を行う職人は技術を磨く日々が続きました。そして、地ビールは「クラフト(職人の工芸品)ビール」と名を変えて今日のブームに辿り着くのです。

日本における「クラフトビール」はアメリカのように明確に定義付けされていないのが現状なのです。ゆえに日本において「クラフトビール」の定義付けはこれからになります。

アメリカとは酒税法の法律も違いますし、酒類メーカーによる「クラフトビール」も販売されています。これから、日本の「クラフトビール」の歴史に色が着いていくのです。

最近私たち日本人のビールに対する考え方が変わってきています。

「とりあえずの1杯」から「こだわりの1杯」です。

私が好きな芋焼酎もそうですが、造り手の気持ちがこもった1杯を頂くこと!これほど至福な時間はないと思います。

これからの「クラフトビール」に注目していきたいと思います。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします

 - 酒類業界の話題 , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Comment

  1. ギャリ より:

    こんなん見ちゃったらビール飲みたくなっちゃいますね!
    旨そうです。

  2. 芋好人 芋好人 より:

    ギャリさん
    コメントありがとうございます(^^)
    今は、クラフトビールに注目しています!やっぱり夏はビールも最高ですよ(^^)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

tokuho
ノンアルビールもトクホの時代へ

以前からネット上で話題になっていましたが、2015年3月23日、サッポロビールは …

AL007-zunishitesetumei20140722500-thumb-815xauto-5267
「焼酎」が「日本酒」と比較して二日酔いしにくい!その理由とは!?

「日本酒」と「焼酎」は同じ日本を代表する國酒でありながら、造り方が全く異なります …

プレモルヘッド
「ザ・プレミアムモルツ」が美味いはずの4つこだわり!~実体験記事~

2015年8月の夏は灼熱の暑さが続いていますね。やはりこんな暑い日に飲むべきもの …

003
「氷結」新商品が販売停止のそのわけは!?この決断は正しいのか!?

前回、キリン氷結シリーズの記事を書いて、キリンの飽くなき挑戦に感銘を受けていたの …

PAK86_atamawokakaerudansei20131223500-thumb-815xauto-5033
元プロ野球清原選手の事件を踏まえて、お酒への関わり方を慎重に考えてみましょう!

今年に入って、芸能界では暗い話題が持ち切りですよね(涙) その中でも「元プロ野球 …

tyoinomii
「スマホ」が支える「ちょい飲み」人気の3つの理由!居酒屋の巻き返しは意外な所に!!

都心部では相変わらず「ちょい飲み」が好調をキープしています。「ちょい飲み」の拡大 …

課税移出数量考察
酒類課税数量から考察する「ビール類税制統一」や「18歳以上飲酒解禁」との関係性~前編~

酒類の動向をいち早く把握するために、国税庁が発表する「酒類課税移出数量」という値 …

PAK86_testderuzo20141123172553500-thumb-815xauto-12054
「日本酒」と「焼酎」の違いとは!?~造り方法の違いをフローで解説~

同じ國酒である「日本酒」と「焼酎」ですが、その違いは何処にあるのでしょうか!?今 …

ゴクゴク
夏だ!ビールだ!東京・関西・福岡おすすめのビアガーデンをご紹介!

さてさて「ビアガーデン」も時代と共に変化しているようですね。 前回の記事で、期待 …

209
未成年者はノンアルコール飲料を飲んでいいのか!?

近年、ノンアルコールビール、ノンアルコールカクテルなどノンアルコール飲料人気が上 …