芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

国産ウイスキーが大ヒットの兆候!国内ではハイボールブーム!輸出需要も急上昇!

   

ウイスキーボトル
国産ウイスキーが着々とかつての栄光を取り戻す動きをしています。

1980年代に盛り上がりを見せたウイスキー業界ですが、TVドラマの影響もあって、着々と生産量が向上しています。

また、新しい飲み方として「ハイボール」が居酒屋などで大流行し、今では「ハイボール」が無いお店も珍しいぐらいです。

「ハイボール」とは、ウイスキーのソーダ割りですが、その他にもジンジャー、コーラ等でウイスキーを割る飲み方も定着し始めています。

スポンサードリンク

ウイスキーの輸出は好調右肩上がり!

021
国内での酒類消費量から見ると、全体の2%未満とまだまだ締める割合は小さいですが、世界的に見ると国産ウイスキーの輸出量は、上昇しています。

ウイスキーの輸出推移は以下の通り。
ウイスキー輸出推移

財務省の調べによりますと、2015年のウイスキーの輸出総額は104億円。ここ5年で10倍近くにまで膨らんでいます。

この数字を見ると、国内・国外でも好調な波が押し寄せていることが伺えます。

酒類輸出の最上位は「日本酒」。2015年の日本酒の輸出額が140億円に次ぐ第2位がウイスキーとなっています。

ウイスキーの輸出は2014年まではビールに次ぐ3位だったのですが、来年には「日本酒」までも追い抜いているかもしれませんね。

2000年前後は台湾への輸出が多く、出荷量は多くとも輸出額が小さい傾向にありましたが、近年は少し流れが違うようです。

近年はフランスをはじめアメリカ、ロシア、中国といった国へと輸出されており、ウイスキー単価も上昇してきています。

高品質な日本ウイスキーに高いお金を払ってでも飲みたい!という諸外国人が増えているということになります。

世界が見る日本の品質は、筋金入りともなってきていますね。

「日本酒」「ウイスキー」は、日本の職人が造る銘酒!というイメージでしょう!

本格焼酎も輸出へ目を向けるとき

遠くを見る
このように「日本酒」「ウイスキー」が世界から脚光を浴び始める中、本格焼酎業界も輸出に力を入れる時が来ているのではないでしょうか!?

あらわざ桜島で有名な「本坊酒造」が、日本最南端のウイスキー蒸留所を作る計画を発表しています。

世界的なウイスキー需要拡大を受けて、2016年11月に本格稼働予定だとのことです。(同社)

ウイスキーと焼酎。同じ蒸留酒だからこそできる、本坊酒造の試みかもしれません。

ウイスキーの輸出をきっかけに焼酎輸出向上の足がかりを掴む可能性も秘めているのではないか!?と密かに期待しています。

「日本酒」と並び國酒の位置にある「焼酎」。

国内の殻を破って、世界へと羽ばたいてもらいたい!

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします。

 - 酒類業界の話題 ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

jyosei
ビールグラスに相性抜群のステンレスタンブラーを試してみましたよ!

友人とお酒の話をしていると・・・ 「妻に氷が溶けないグラスを買ってもらったんです …

koti
暑い夏を吹き飛ばせ!「ゆきゆき台湾風かき氷器」を使ってオリジナルカクテルを作ろう!

いよいよ梅雨が明ければ夏本番です。太陽が照り付ける暑い夏には「かき氷」がピッタリ …

209
未成年者はノンアルコール飲料を飲んでいいのか!?

近年、ノンアルコールビール、ノンアルコールカクテルなどノンアルコール飲料人気が上 …

daku
「獺祭」と「黒霧島」に共通する4つのキーワード~後編~

「獺祭」と「黒霧島」、日本を代表する國酒でもある両銘柄の大ヒットの裏には一体どの …

kurahutoheddo
困難を乗り越えて!美味しい「クラフトビール」への歩み

あいにくの梅雨空が続きますが、梅雨が明ければいよいよ夏到来です。 ビールが美味し …

GREEN_MO20140125500-thumb-750x500-4149
徹底調査!!どこでどんなお酒が売れているの!?酒税法改正案の是非を問う!!

酒類の過剰な廉売を規制する酒税法改正案が国民の間で波紋を呼んでいます。この度、国 …

家飲み
増加する「家飲み」需要!その理由とは?

「家飲み」とは正に読んで字の如く。別名「宅飲み」なんて言われることもありますが、 …

PAK86_atamawokakaerudansei20131223500-thumb-815xauto-5033
酎ハイを増税しなければならない裏事情とは?合わせて増税の仕組みを分かりやすく解説します。

2015年5月11日、私たちお酒ファンにとって気になるニュースが流れました。つい …

166
飲酒18歳解禁に潜む危険性!そもそも20歳以上だった理由とは?

2015年8月31日、正直ビックリするようなニュースが流れました。 内容は以下の …

課税移出数量考察
急激な飲酒人口の減少が予測される今後。アルコール問題が減ることへの期待と窮地に陥る酒類業界。

「若者のお酒離れ」「少子化」は、今後の酒類業界にとって最大の懸念点です。 今回は …