芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

本格麦焼酎「いいちこ」でお馴染みの「三和酒類」が遂行する「麹プロジェクト」!新たなジャンルへの挑戦!

   

いいちこ
下町のナポレオン「いいちこ」でお馴染みの三和酒類が遂行する「麹プロジェクト」が地道な歩みを続けています。

「麹プロジェクト」に関して本格焼酎の伸び悩み 打開策は!?の記事でも取り上げましたが、「麹プロジェクト」とは、「麹文化のお酒、麹を使った蒸留酒を極めていこう!」というプロジェクトです。

日本の伝統的な技法である「麹」を使って出来た「蒸留酒」をもう一度見直していくことが、今後の本格焼酎業界の発展には不可欠だと同社和田社長は述べていらっしゃいます。

そんな「麹プロジェクト」に進展が見られましたので、今回ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

カクテルの素材に「スピリッツ」ならぬ「和ピリッツ」の提案

カクテルの素材と言えば、「ジン」「ラム」「ウォッカ」「テキーラ」といったところが主流です。

カクテルは外来の「アルコール飲料」ではありますが、日本を代表するカクテル素材は何!?と聞かれたところで、答えに詰まるところがあります。

そこで、三和酒類が新たに提案するのが、麦を原料とした蒸留酒ベースにボカニカル(植物果汁)を加えたスピリッツです。
和ピリッツ

その名も「TUMUGI」

同社から、大々的な広告は行っておらず東京・銀座3丁目にある「日比谷バー」で展開を始めているといいます。

同店は「オリジナルカクテル」と「麹を使ったグリル」が人気で、高級感溢れるBarです。

三和酒類と日比谷バー同じ「麹」を大切にする両社が共同して目指す「和スピリッツ」の提案は、今後の本格焼酎業界発展の為のひとつのヒントに成り得るのではないでしょうか!?

カクテルが持つ限りない可能性

カクテル
本格焼酎はデンプンを含む材料由来の様々な風味が楽しめるアルコール飲料です。

ですので、本格焼酎業界は「本格焼酎個体が持つ魅力」をこれまで全面的に押し出してきました。

ところが若者のアルコール離れもあり低迷する「本格焼酎業界」。実際に本格焼酎ファンは、40~50世代がほとんどです。

「本格焼酎業界」も変わらなければ、若者を取り込まなければ、未来は明るくないのです。

ここで三和酒類が目に付けた「カクテル」というお酒のカテゴリー。

「カクテル市場」はかなり大きく、お酒に精通した方も多数存在します。世界的にも「焼酎」よりは遥かに知名度が高いアルコールです。

加えて若い世代にも人気が高いジャンルです。

そこで麹で出来た「和ピリッツ」を素材とした「カクテル」が活躍すれば、本格焼酎業界の発展に寄与すると共に、若者にも「麹」で造られたお酒を楽しんでもらえるでしょう。

「カクテル」が持つ限りない可能性が、今後の本格焼酎業界の救世主になるかもしれません。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いしますm(__)m

 - 新商品情報, 焼酎業界の話題 , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

TAI85_jumpbiz20140823105007500-thumb-1180x800-5433
薩摩酒造が導き出した芋焼酎業界の飛躍

先日記事にアップした薩摩焼酎ブランドの鹿児島県と霧島酒造の躍進が目覚ましい宮崎県 …

102042_1
第3回目の「茜霧島」発売開始!市場調査で垣間見えた購入時の注意点とは!?

2015年6月17日より「茜霧島」の第3回目の出荷・販売が開始となりました。 前 …

キャンペーンヘッド
霧島酒造100周年キャンペーン【百瑠璃】の全貌が明らかに!

秋の夜長を満喫していますか!? 私はもっぱら月夜と晩酌、家族のだんらんを楽しんで …

100
日本の焼酎が世界で認められない理由とは?

「國酒プロジェクト」の後押しを受けて、日本文化の象徴である「日本酒」は世界におい …

yjimageTFZTRGB1
本格焼酎新商品のご紹介 メルシャンから販売される「浅黄(うすき)うさぎ」とは!?

「茜霧島」の登場から1年近くが経過しました。「茜霧島」の評価もクチコミで伝わり、 …

resize1111
芋焼酎の原料サツマイモに「コガネセンガン」が使われる3つの理由

芋焼酎と言っても、まったく知らない人からすれば「何の芋を使っているの?」というの …

PAK86_testderuzo20141123172553500-thumb-815xauto-12054
「赤霧島」への関心!「九州」と「本州」の温度差が大きいわけ

2015年秋の「赤霧島」販売が開始となりました。 当ブログでも「赤霧島」に関する …

021
芋焼酎業界のスタンダードを覆した黒霧島の存在

芋焼酎の出荷量を競い合う鹿児島県と宮崎県。歴史を切り開いたのは、鹿児島県の薩摩焼 …

102042_1
第3回目の「茜霧島」販売開始!市場での販売動向を調査!!

2015年6月17日より「茜霧島」出荷販売が開始されました。 今回は第2回までと …

指1
今、最も注目の芋焼酎!?女性もベタ惚れプレミア焼酎の予感も漂う銘柄とは!?

最近ですね。私が密かに狙っている芋焼酎があるんですね。 昨秋も購入をしたい!と試 …