芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

お酒を選ぶ際に迷う「パック」と「瓶」。それぞれの特徴とシーンに合わせた選び方を解説します!

   

瓶とパック
本格芋焼酎に限らず、日本酒や焼酎を購入する際、瓶とパックで迷ったことはありませんか!?

今回は瓶とパックの違いについてフィーチャーしたいと思いますね。

それぞれ長所・短所あると思いますので、購入する際に参考にされてみてはいかがでしょうか!?

瓶の特徴

瓶
お酒が入っている瓶のカラーを想像してみてくださいね。

無色⇒白⇒水色⇒緑⇒茶褐色⇒黒

おおむねこのようなカラーが用いられていますよね。あえて薄い色から羅列していったんですが。

最もよく見かけるのは「茶褐色」でしょうか!?

特に日本酒においては直射日光を当てると「日光臭」と言われるクセがつくんですね。お酒は紫外線により劣化する傾向にあるんです。

となると、本来の味が損なわれますので「日光」「紫外線」の影響を受けにくい「茶褐色」などが品質においては最適なカラーと言われますね。

一方で「茶褐色」は地味なイメージもありますので、ラベルとの相性やデザインを重視する場合、その他のカラーを用いる場合もありようですね。

スポンサードリンク

焼酎は熟成される!?

一方、焼酎は蒸留酒ということもあって腐敗しない飲み物ですね。

焼酎においては「瓶熟成」という言葉もあるように、「直射日光」さえ避ければ、瓶中で焼酎の熟成が促される傾向があると言われます。

酸素が無い状態ですので、嫌気的な熟成が進むと言われていて、「瓶熟成」することによって、アルコール分子と水分子が良く馴染んで、味がまろやかになる傾向にあると言われていますよ。

1升瓶はリサイクル瓶と新瓶がある!

あなたは、空き瓶回収した経験はございませんか!?私が小さいとき、少年団や地区の取り組みで空き瓶回収を行ったのを覚えています。

特に1升瓶において回収した空き瓶は、状態が良ければ、リサイクルとしてお酒の瓶詰めに使われいるんですね。

瓶詰め工程において、一度ラベルをきれいに剥がされ、洗浄した後再びお酒が詰められて、販売されているのです。

これはずいぶん昔から続いていますが、蔵によってはリサイクル瓶を使わず新瓶のみを使う所もあるようですね。

パックの特徴

パック
パックの普及の歴史はそう深くないと思いますね。近年、パックの日本酒や焼酎をよく見かけるようになりましたね。

パックの良さは手軽さにありますね。商品の入った1升瓶、1升パックの重さはおおよそ以下の通りです。

1升瓶の重さ⇒約2.8㎏

1升パックの重さ⇒1.9㎏

パックと瓶で重量に約1㎏もの違いがありますね。

買い物して持って帰る場合、明らかにパックの方が楽だと言えますね。

廃棄もラクラク

地域のごみ分別によるところもありますが、瓶よりもパックの方が明らかに廃棄に困りませんよね。

瓶類は分別が必要かと思います。またパックは畳んで燃えるゴミで捨てれる地域がほとんどでしょうから、場所もとらないですよね。

パックでの酒質の変化は!?

瓶と異なり、直射日光による紫外線の影響が受けにくいと言えますね。

ただ「焼酎」の場合の「瓶熟成」は期待できないということになりますよね。

場面に応じて選定しましょう!

これまでの内容を見れば、瓶、パックの特徴が分かったでしょう。

自宅用はパック、贈答用は瓶

自宅で晩酌用に用いるのはパックが良いと思いますね。場所取らないですし、捨て方も楽ですもんね。

ただ、神様に手向けるものや新築祝いなどで用いるのは「パック」じゃ、かっこ悪くないですか!?

やはり贈答用は1升瓶を2.3本と綺麗にくくったものに、のしを貼って贈答するのが良いですね。

飲食店は瓶でしょう!

飲食店の棚にずらりと並ぶ焼酎や日本酒の銘柄!

これもやっぱり「瓶」がかっこいいですよね。私の場合、すごくテンション上がりますね。

やはり「見せもの」としては瓶の方が消費者の心をくすぶると思いますよね。

あなたも状況に応じて、容器も選んでみてはいかがでしょうか!?

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!


人気ブログランキングへ

記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いしますm(__)m

 - 焼酎業界の話題, 酒類業界の話題 , , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Comment

  1. 伊藤広幸 より:

    なるほど‼

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

daku
「獺祭」と「黒霧島」に共通する4つのキーワード~前編~

「獺祭」と言えば、日本酒好きならば誰もが知っている銘柄。海外へも進出し、日本酒の …

112
酒類の過剰な廉売を規制する酒税法改正案に賛否両論

2016年5月12日追記 昨年の国会で提出予定だった「酒類の過剰な廉売を規制する …

yjimageTFZTRGB1
本格焼酎新商品のご紹介 メルシャンから販売される「浅黄(うすき)うさぎ」とは!?

「茜霧島」の登場から1年近くが経過しました。「茜霧島」の評価もクチコミで伝わり、 …

図2222222
焼酎お湯割りの魅力

本格焼酎は様々な飲み方で味を楽しむことができます。皆様におかれましては、どのよう …

20度と25度
アルコール度数20度と25度の本格焼酎がある理由とその違いについて詳しく!

大分、宮崎では一般的にアルコール度数20度製の本格焼酎が飲まれています。 アルコ …

課税移出数量考察
急激な飲酒人口の減少が予測される今後。アルコール問題が減ることへの期待と窮地に陥る酒類業界。

「若者のお酒離れ」「少子化」は、今後の酒類業界にとって最大の懸念点です。 今回は …

102042_1
第3回目の「茜霧島」販売開始!市場での販売動向を調査!!

2015年6月17日より「茜霧島」出荷販売が開始されました。 今回は第2回までと …

tokuho
ノンアルビールもトクホの時代へ

以前からネット上で話題になっていましたが、2015年3月23日、サッポロビールは …

キャンペーンヘッド
霧島酒造から【100周年感謝キャンペーン】がスタート!魅惑の焼酎【百瑠璃】とは!?

2016年11月12日追記 2016年9月に始まった魅惑の焼酎【百瑠璃】が当たる …

PAK72_kawamurasalon15220239-thumb-815xauto-16092
「九州ふっこう割」で九州旅行を楽しもう!お父さんの楽しみは試飲もできる焼酎蔵見学できまり!

熊本地震によって、ずいぶん九州への観光客が少なくなったようですね。 確かに熊本地 …