芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

神戸市灘地区のお酒造りが盛んなわけ!

   

日本酒、本格焼酎、ビール等「お酒造り」に欠かせないものの一つは「お水」の存在です。

仕込みに使うお水はもちろんのこと、設備の運用水、お酒造りの道具を洗浄するお水などあらゆる場面でお水が必要になります。

「美味しい酒蔵は名水と共にあり」と言われます。それは灘地区も同じです。

つまり「酒造りに適したお水」が灘地区で汲み上げられているのです。

実際「酒造りに適したお水」と言えども、どのような「お水」がお酒造りに適しているのでしょうか!?

スポンサードリンク

まずは水質基準をクリアーすること

天然水ヘッド
お酒造りに使用できるお水は、水道法で設定されている水質基準をクリアーすることが大前提になります。

水質基準項目は51種類にも及び、全ての基準をクリアーしなければなりません。

水質基準をクリアーすることで「飲用可能な水」というお墨付きをもらえるわけですが、私たちの常用水である水道水もこの基準をクリアーしています。

そのうえで「お酒造りに適したお水」は、発酵に関与する麹・酵母等の微生物の生育について考慮する必要があります。

酒造用水として備えるべき条件とは

酒造用水
公益財団法人日本醸造協会では、上表のように酒造用水として備えるべき条件を提示しています。

「地下水」などに多く含まれる鉄・マンガンのミネラル分は、酒造用水としては適していないようです。

鉄⇒お酒の着色の原因となり、味・香りにまで影響する。
マンガン⇒日光による着色の原因物質となる。

その他にもアンモニア系窒素は、生活用水などによる汚れの指標にも関与しているため、検出されないことが大前提となっています。

一方、神戸市灘地区は、前述のように「お酒造りに適したお水」が汲み上げられています。

灘地区のお水には適度な硬度に加えてリン、カリウムが多いことが特徴です。

これらの物質は、酵母の増殖と発酵を助長する性質があり、お酒造りには有効な成分として扱われています。

こういった理由もあり、神戸市灘地区には酒蔵がひしめき合っているというわけです。

有害成分が含まれている場合の対処法

お酒を造るお水に有害成分が含まれていた場合、それを取り除くことが大前提となります。

濾過、除鉄、除マンガン、吸着濾過等、あらゆる化学処理を駆使してお酒造りに適したお水に変えていく設備の導入が必要になります。

お酒選びの時は仕込み水にも着目

金魚鉢
唐突ですが、例えば金魚を飼育するとします。

「金魚にとって、生活しやすい清流で汲んだお水で飼育する」
「塩素の臭いがする水道水で飼育する」

もちろん、前者の方が生き生きと金魚が生活するに違いないでしょう。

となると、日本酒・本格焼酎造りに欠かせない酵母も生育しやすいお水で仕込んだ方が、より生き生きと生活するに違いありません。

そうすることによって、酵母は美味しいお酒を醸し出してくれるのです。

日本酒・本格焼酎等を購入する場合は、ぜひ仕込み水にも着目して頂きたいと思います。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします!

 - 焼酎造りの話, 酒類業界の話題 ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

暑い夏
暑い季節に爽快なお酒の飲み方をご紹介!今年の夏はこれで決まり!

7月に入り、夏もいよいよ本番ですね! 夏になれば海や山にキャンプに行ったり、ちょ …

PAK86_atamawokakaerudansei20131223500-thumb-815xauto-5033
元プロ野球清原選手の事件を踏まえて、お酒への関わり方を慎重に考えてみましょう!

今年に入って、芸能界では暗い話題が持ち切りですよね(涙) その中でも「元プロ野球 …

禁止
お酒のTVCMに異変!「ゴクゴク」「グビグビ」は禁止へ!今後のお酒CMの展望は!?

夏が過ぎ去ろうとしていますが、まだまだ暑い日は続きます。 汗を流した後の一杯と言 …

PAK55_akaieki-glass500-thumb-815xauto-2988
【芋焼酎】でもない【日本酒】でもない新しいお酒のご紹介!

【日本酒】と【本格焼酎】といえば、国を象徴するお酒ということで、【國酒】(こくし …

021
平成27年の酒類輸出に明るい兆し!驚くべき需要のウイスキーと、伸び悩むしょうちゅう!明暗分かれた蒸留酒

国税庁より平成27年の酒類輸出に関する情報が公開されました。 詳細は平成27年酒 …

ウイスキーボトル
国産ウイスキーが大ヒットの兆候!国内ではハイボールブーム!輸出需要も急上昇!

国産ウイスキーが着々とかつての栄光を取り戻す動きをしています。 1980年代に盛 …

617
普通の「芋焼酎」と何が違うの?「芋焼酎」のPB商品をご紹介!その2つの魅力とは!?

先日、キリンビールがセブン&アイグループと共同開発した「セブンゴールド まろやか …

課税移出数量考察
急激な飲酒人口の減少が予測される今後。アルコール問題が減ることへの期待と窮地に陥る酒類業界。

「若者のお酒離れ」「少子化」は、今後の酒類業界にとって最大の懸念点です。 今回は …

ザ・モルツCM
サントリーの新商品「ザ・モルツ」の風味・評価は!?
ゴクゴク
夏だ!ビールだ!東京・関西・福岡おすすめのビアガーデンをご紹介!

さてさて「ビアガーデン」も時代と共に変化しているようですね。 前回の記事で、期待 …