芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

新旧プレミア対決 赤霧島と茜霧島を徹底比較~仕様編~

      2015/11/01

「白霧島」や「黒霧島」は私をはじめたくさんの方の晩酌の友になっているのと思いますが、今回は新旧プレミア対決と題して「赤霧島」と「茜霧島」を徹底的に比較していきたいと思います。

まずは焼酎の仕様に着目していきます。下の表をご覧ください!参考に「白霧島」「黒霧島」を載せています。

「赤霧島」と「茜霧島」の仕様

スポンサードリンク

akaneakakiri

使用麹に違いが

「赤霧島」の白麹に対して「茜霧島」は黒麹を使用しています。違う麹を使用した蔵元の意図は判りませんが、二次原料であるサツマイモの特色に合わせて、麹を決めたと言えるでしょう。
白麹と黒麹の違いについては、「白霧島の白麹」、「黒霧島の黒麹」味わいの違いは麹の仕業をご覧ください!!

サツマイモの品種が全く異なる

「赤霧島」の二次原料であるサツマイモは「ムラサキマサリ」を使用しているのに対し、「茜霧島」は「タマアカネ」を使用しています。ここが最も異なるポイントです。

ムラサキマサリ ⇒ 表面は赤く、芋を割ると含まれるポリフェノールの影響もあり赤紫の中身をしています。デンプン価もコガネセンガンに劣らないため、焼酎生成量も多いでしょう。
1300419_murasakiimo

タマアカネ ⇒ 表面は黄土色をしていますが、芋を割ると含まれるカロテンによってオレンジ(茜)色をしています。柑橘系の香りを持ちますが、デンプン価はコガネセンガンやムラサキマサリより劣ると言われています。
032_tamaakane

使用酵母の違い

「赤霧島」が明確な酵母の表現が無いのに対し「茜霧島」は「芋の花酵母」を使用しているという記載があります。

芋の花酵母 ⇒ 観賞用サツマイモ「花らんまん」から単離した、霧島酒造独自の酵母です。この酵母によって、タマアカネ由来の柑橘系の華やかな香りの特徴を最大限に引き出しています。

「赤霧島」と「茜霧島」の違いまとめ

「赤霧島」と「茜霧島」を比較した際、最も特徴的な違いはやはり、原料サツマイモの違いです。
芋焼酎は二次原料であるサツマイモの香りや風味を大きく焼酎に持ち込みます。

「赤霧島」はムラサキマサリが持つ豊富なポリフェノールによって、ワインのような優雅な香りが楽しめます。「茜霧島」はタマアカネが持つ高カロテンによって、華やかな柑橘系の香りが楽しめる焼酎です。

「白霧島」や「黒霧島」のコガネセンガンとは全く異なった香りや味が楽しめる芋焼酎になっています。

それでは、いよいよ「赤霧島」と「茜霧島」を飲んで比較したいと思います。
新旧プレミア対決 赤霧島と茜霧島を徹底比較~風味編~

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします

 - 焼酎業界の話題, 茜霧島, 赤霧島 , , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

102042_1
「茜霧島」の次回発売日のお知らせ~数量限定発売の本当の理由とは!?

最近ネット上でも盛り上がりを見せ始めた「茜霧島」の次回発売日が決定しましたのでお …

木挽ブルー
2016年9月1日より「木挽ブルー」が九州限定発売!その狙いとは!?九州以外からの購入方法含めてご紹介!

今年は異常な暑さに加え、台風の影響が多い夏になりましたね。 まだまだ残暑はありま …

102042_1
2016年1月「茜霧島」の販売開始!今回もやります!市場調査の結果は!?やはりイオンは熱かった!

2016年1月の「茜霧島」が販売開始となりました。 ネットを覗いて幾らでも高値を …

20度と25度
アルコール度数20度と25度の本格焼酎がある理由とその違いについて詳しく!

大分、宮崎では一般的にアルコール度数20度製の本格焼酎が飲まれています。 アルコ …

紅はるか焼き芋
本格芋焼酎に使われるサツマイモは本当においしいのか!?食べて検証してみました!

当ブログに再三登場してくる本格芋焼酎は、鹿児島県の特産物である「サツマイモ」が二 …

209
芋焼酎なのに芋臭くない焼酎が好まれる2つのわけ!

ほぼ毎日の晩酌を欠かさない私としては、芋焼酎の存在は不可欠です。 芋焼酎評価の記 …

さくら白波ヘッド
薩摩酒造が造る「さくら白波」の魅力に迫る~仕様編~

2011年3月に薩摩酒造より「さくら白波」という芋焼酎が、西日本限定で発売となり …

puremia
私が「プレミア焼酎」をオススメできない理由

2002年以降に始まった第3次本格焼酎ブームを皮きりに、本格焼酎業界は空前の盛り …

250
本格焼酎の現状、出荷量から考察する

「白霧島」「黒霧島」を代表する芋焼酎、「いいちこ」「二階堂」を代表する麦焼酎は、 …

f0145103_139843
2016年秋【赤霧島】の発売日が決定しました!

2016年10月21日追記 ※あなたの貴重な情報を募集します! 2016年秋【赤 …