芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

「赤霧島」への関心!「九州」と「本州」の温度差が大きいわけ

      2015/11/01

2015年秋の「赤霧島」販売が開始となりました。

当ブログでも「赤霧島」に関する反応は非常に高く、私としましても「赤霧島」の相変わらずの人気に驚いているところです。

ブログの反応を見て感じるところですが、「九州」よりも「関東」「関西」にお住まいの方が「赤霧島」への関心が高いです。

ですので、2015年秋の「赤霧島」販売開始への関心は「九州」と「本州」では、かなりの温度差があるように感じます。

「本州」の人口が多いところもその理由のひとつだと思いますが、根本的には「芋焼酎」に対する嗜好が「九州」と「本州」では違うのではないかと考えています。

九州人と芋焼酎

imosen
九州人、特に南九州の人にとって、芋焼酎とは「コガネセンガン」というサツマイモで造られた焼酎のことを意味しています。

初代「白波」から始まり現在では「黒霧島」など、いずれも「コガネセンガン」というサツマイモで造られた芋焼酎です。

九州の人にとっては、昔から馴染みのある「芋焼酎」の風味というのはある程度「固まっている」のだと感じます。

私の周辺でも「赤霧島」よりも「黒霧島」の方が断然人気があったりします。

「赤霧島」は贈答品としてとても喜ばれますので、特別な日に飲む芋焼酎として扱われることが多いのでしょう。

九州の人にとっては毎晩の「だれやめ」で「芋焼酎」を飲んでいる方も多く、「落ち着いた風味」の「コガネセンガン」で造られた芋焼酎が好まれるのでしょう。

スポンサードリンク

本州人と芋焼酎

1300419_murasakiimo
一方本州の方では、そもそも「芋焼酎」に対して抵抗が大きい人もまだまだ存在します。

初代「白波」の「芋臭い」焼酎のイメージが強く、どうしても苦手だ!という方も多いでしょう。

そこで登場したのが斬新な風味の「赤霧島」だったのです。

「赤霧島」は「ムラサキマサリ」というサツマイモで造られた芋焼酎です。

「赤霧島」は「ムラサキマサリ」に豊富に含まれる「ポリフェノール」の影響で、ワインのようなフルーティーな香りと気品高い味わいを兼ね備えた芋焼酎です。

本州の人にとっては、「赤霧島」によって「芋焼酎」のイメージがガラっと変化したのでしょう。

元々毎晩晩酌で「芋焼酎」を飲む方も少ないでしょうから、春・秋の限定発売の「赤霧島」は、本州人の「赤霧島ファン」にとっては、年に2回の楽しみなのだと思います。

出荷量による影響も

iucIECVp
「赤霧島」は宮崎県都城市に本社を置く「霧島酒造」で造られた芋焼酎です。

地元色が強い同社は、「宮崎」を始め「九州」を基盤に売り上げを伸ばしてきました。

すなはち、九州への出荷が優先なのでしょう。

実際のところは分かりませんが、九州では出荷量が多い割に関心者が少なく、本州の方では出荷量が少ない割に関心者が多い為、不均衡な状態が出来ているのかもしれません。

前回の記事でも述べましたように、九州のイオンでは定価以下での販売も確認されましたので、九州では安定した出荷量が確保されたことを意味するのだと思います。

「赤霧島」をお求めの方は、九州を訪ねてみると案外簡単に手に入るのかもしれません。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いしますm(__)m

 - 焼酎業界の話題, 赤霧島 , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

f0145103_139843
「赤霧島」が人気焼酎になった3つの理由と本格芋焼酎界にもたらした2つの功績

このところ「茜霧島」の人気が上昇しており「赤霧島」の人気も落ち着いてきました。 …

kurosiro
「黒霧島」「白霧島」の3つの違い~表を使って解説~

「白霧島」が発売されて、半年以上が経過しました。次第に「白霧島」が販売される店舗 …

209
芋焼酎なのに芋臭くない焼酎が好まれる2つのわけ!

ほぼ毎日の晩酌を欠かさない私としては、芋焼酎の存在は不可欠です。 芋焼酎評価の記 …

akasirokuro
父の日に焼酎を2017年!芋焼酎「白霧島」「赤霧島」「黒霧島」の飲み比べセットが喜ばれます!

「父の日」を前に贈り物に悩んでいらっしゃる方が多いのではないでしょうか!? 普段 …

MOK_kyouheisu-yossya500-thumb-750x500-1158
本格焼酎の伸び悩み 打開策は!?

「いいちこ」「二階堂」の麦焼酎、「黒霧島」「白霧島」の芋焼酎を代表する本格焼酎業 …

AL007-zunishitesetumei20140722500-thumb-815xauto-5267
【色】の違いに注目!芋焼酎の色違いからくる特徴と解説!

少し日にちが開きましたが、久しぶりの記事の投稿です。 今回は少し志向を変えて、芋 …

n_image12
【霧島】が宮崎限定で復活!?【白霧島】との違いは!?

2016年11月1日追記! ついに宮崎限定霧島が発売開始となりました。 今回の宮 …

2015年
2015年本格芋焼酎業界を象徴する出来事!宮崎と鹿児島の勢力図が逆転!2016年へ向けて思うこと。

2015年も余すところ10日を切りました。年末年始はお酒を飲む機会も増えると思い …

麹プロジェクト
本格麦焼酎「いいちこ」でお馴染みの「三和酒類」が遂行する「麹プロジェクト」!新たなジャンルへの挑戦!

下町のナポレオン「いいちこ」でお馴染みの三和酒類が遂行する「麹プロジェクト」が地 …

f0145103_139843
速報!2015年秋「赤霧島」発売開始!ネットでの販売状況とオススメのセット情報!

2015年秋の赤霧島発売が10月21日より開始致しました。 春・秋年2回の「赤霧 …