芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

芋焼酎なのに芋臭くない焼酎が好まれる2つのわけ!

   

617
ほぼ毎日の晩酌を欠かさない私としては、芋焼酎の存在は不可欠です。

芋焼酎評価の記事を書くためにも、新しい銘柄に挑戦したりするわけなんですが・・・

毎日のように芋焼酎を飲んでいると、どの銘柄も長所があって、楽しむことができるんですね。

またその蔵元を調べたりなんかして、造り方や地域の風土を感じたりするのも楽しみだったりするんですよ。

ふとある銘柄を飲んでいたんですが、(後日レビュー記事書きますね。)芋臭く無くてすごく飲みやすかったんですね。

私としては「これは人気が出そうな風味だな!」と思うわけですよ。

・・・・

って不思議ですよね!?芋焼酎なのに、芋臭くない焼酎が好まれるだろう!って感覚がですね。

それで、芋臭くない芋焼酎が好まれる理由を考察してみました。

スポンサードリンク

芋焼酎に対するトラウマが・・・

嫌がる表情
芋焼酎は、ご存知の通りたくさんの銘柄がありますよね。中には「芋臭い」焼酎もまだまだ存在しますね。

この「芋臭い」焼酎は、かつての芋焼酎風味の主流だったわけですが、得意不得意に分かれる傾向にあったと言えます。

これこそが、「芋焼酎の風味だ!」と言わんとする九州男児の方もたくさんいらっしゃったのは事実で、根強い人気もありますよ。

ただ、「ダメな人はダメだった」と思うんですね。

実はこの「芋臭さ」にも種類があって、「原料サツマイモの病気や腐敗」によって生じる風味の悪さもあったんですよ。

全てがそうだったわけではないですよ。

以前より「サツマイモ」の栽培技術も格段に向上し、サツマイモの病気や腐敗に対する酒質の影響も研究されてきています。

ですので、「原料サツマイモの病気や腐敗」によって不良臭を出す芋焼酎は格段に減ってきていると思いますね。

最近でも存在する「芋臭い焼酎」は「サツマイモの病気や腐敗」由来の香りでは無くて、各蔵の技術で濃厚な香りを演出していると思いますよ。

昔芋焼酎を飲んで「芋焼酎は苦手だ!」と思った方が多くて、「芋焼酎はいいや!」とトラウマになっている方がいるのだと思います。

となると、近年発展した技術で造られた芋焼酎を飲んで・・・

「芋焼酎と言っても、スッキリして飲みやすくなったね!」

「焼き芋のような香ばしい香りがたまらないね!」

って方が多いんではないか!?と思いますね。

そういったこともあって、「飲みやすい芋焼酎」⇒「芋焼酎初心者にもってこい」と感じるんでしょう。

お酒と食事は付き物

お酒と料理
芋臭くない焼酎が好まれる大きな理由は、トラウマによるところが大きいと思いますが、食事中にお酒を飲むことが多いことも要因の一つに挙げられるのではないでしょうか!?

私としては芋臭い焼酎も好きですが、焼酎の風味が主張しすぎるのもどうか!?と思う時もありますよ。

やはり主役は「食事」脇役が「お酒」です。

どんな食事にも合わせることができる、ほのかに香るスッキリした飲み口の芋焼酎が好まれるのだと思いますね。

食事をより美味しいく食べるための名脇役が「スッキリした芋焼酎」となるのでしょうね。

芋焼酎は健康面での配慮も期待される

tousitu
芋臭くない焼酎が好まれる大きな理由はこれまで述べた2つの理由が主だと思います。

一旦芋焼酎を飲みだすと、意外と焼酎の特性を好む方もいらっしゃると思うんですね。

芋焼酎は、蒸留酒ということもあって「糖質ゼロ」なんです。また醸造酒と異なり、含まれる成分がシンプルなため悪酔いしにくいお酒だと言われています。

だんだん歳をとってくると、お酒を飲んでいても、健康面や次の日のことが気になってきます。

「芋焼酎」単品では太ることはありませんし、次の日スッキリ目覚めることができますよ。

もちろん飲み過ぎたら、きついですけどね。

となると、「芋焼酎」は味わいもあってもってこいのアルコール飲料だと思うんですね。

芋焼酎を敬遠しているあなた!ぜひ、芋焼酎に挑戦してみてくださいね!

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いしますm(__)m

 - 焼酎業界の話題 ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

キャンペーンヘッド
霧島酒造100周年キャンペーン【百瑠璃】の全貌が明らかに!

秋の夜長を満喫していますか!? 私はもっぱら月夜と晩酌、家族のだんらんを楽しんで …

sakurajima
リニューアルした「白波」、「黒白波」に懸ける薩摩酒造の本当の思いとは?~前編~

当ブログでも再三取り上げております、「黒白波」と「さつま白波」のリニューアル!薩 …

PAK23_soudapon20140503500-thumb-900x600-4582
「白霧島」が美味しくない!という方に朗報です。

2015年1月21日、代々受け継がれた銘柄「霧島」を一新して「白霧島」にリニュー …

木挽ブルー
2016年9月1日より「木挽ブルー」が九州限定発売!その狙いとは!?九州以外からの購入方法含めてご紹介!

今年は異常な暑さに加え、台風の影響が多い夏になりましたね。 まだまだ残暑はありま …

102042_1
「茜霧島」の次回発売日のお知らせ~数量限定発売の本当の理由とは!?

最近ネット上でも盛り上がりを見せ始めた「茜霧島」の次回発売日が決定しましたのでお …

2015年
2015年本格芋焼酎業界を象徴する出来事!宮崎と鹿児島の勢力図が逆転!2016年へ向けて思うこと。

2015年も余すところ10日を切りました。年末年始はお酒を飲む機会も増えると思い …

021
芋焼酎業界のスタンダードを覆した黒霧島の存在

芋焼酎の出荷量を競い合う鹿児島県と宮崎県。歴史を切り開いたのは、鹿児島県の薩摩焼 …

噴火
口永良部島の噴火で垣間見える地元の絆!私たちにも出来る意外な復興支援方法とは!?

2015年5月29日に起きた口永良部島の噴火が思わぬところに影響を及ぼしています …

f0145103_139843
2015年秋「赤霧島」の発売日が決定しました!

2015年10月23日追記⇒「赤霧島」の販売が開始となりました。 「赤霧島」が定 …

714_kuroisanishiki-320x320
18Lの【黒伊佐錦】デカクロが当たるクロイサキャンペーンの詳細と魅力をご紹介!

元祖黒麹芋焼酎と言えば、【黒伊佐錦】でございます。 現在は、博多華丸さんのCMで …