芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

ムラサキマサリ対決!「吉助赤」と「赤霧島」を徹底比較!

      2016/03/10


以前「赤霧島」を超える紅芋焼酎をご存知でしょうか!?の記事で書きましたように、霧島酒造が販売するムラサキマサリを使用した芋焼酎は「吉助赤」と「赤霧島」があります。

ネット上でよく目にするのは「赤霧島」の方ですが、「吉助赤」とはどのような製法の違いがあるのでしょうか!?

「吉助赤」と「赤霧島」の商品仕様

kitisukeaka

「吉助赤」は全量芋製の芋麹焼酎です。「赤霧島」が一次原料に「米」を使用しているのに対し、「吉助赤」は一次原料も「ムラサキマサリ」という品種のサツマイモを使用しています。
1300419_murasakiimo
「吉助赤」の主原料は「サツマイモ」しか使わないのです。原料代も高くなるのか価格も720mlで1,602円と高価な芋焼酎になります。

実際に、風味にはどのような違いがあるのでしょうか!?

官能評価

kitisukeakahyouka

スポンサードリンク

飲み方

飲み方はロックです。

香り

早速「吉助赤」の香りを嗅ぎます。鼻の奥を突き抜けるように華やかなヨーグルトのような香りが体の中に入ってきます。

ムラサキマサリが持つ特徴です。「赤霧島」ももちろん華やかですが、「吉助赤」はより重厚な香りだと感じます。

香りから通常のコガネセンガンの芋焼酎とは全く異なります。

味わい

「吉助赤」を口に含んでしばらく堪能します。25度製ということもありアルコール感も強いですが、「赤霧島」の軽やかな味わいというよりは「ムラサキマサリのふくよかさ」を感じることができます。

ムラサキマサリがとても濃厚です。

甘辛度

「吉助赤」は「赤霧島」よりも甘みを感じます。元々甘い芋焼酎ではないので、飲んだ時に「甘い」という印象はないですが「赤霧島」よりは「ムラサキマサリ」が持つ甘みを感じます。

後切れ

「吉助赤」は、程よくムラサキマサリの残味を感じます。

「赤霧島」はもともとスッキリしてするっと喉越すので、芋焼酎らしくない印象を持っています。

一方、「吉助赤」はムラサキマサリの残味によって、「赤霧島」よりは芋焼酎らしさがあると感じます。

芋らしさ

「吉助赤」と「赤霧島」はコガネセンガンという品種を使った芋焼酎と違いますので、芋らしくないと言えばそうなります。

ですが「ムラサキマサリ」という品種の芋焼酎で考えると、「吉助赤」は「赤霧島」よりもかなり芋らしく、ズドン!!ときます。

まとめ

「吉助赤」と「赤霧島」を比較したとき、どちらも遜色なく「ムラサキマサリ」の芋焼酎を楽しむことができます。

ネット上で高騰した「赤霧島」を購入するぐらいならば、「吉助赤」を定価で購入して重厚な味わいの「ムラサキマサリ焼酎」を楽しんだ方が良いでしょう。

「吉助赤」に限らず、「吉助シリーズ」は芋しか使用していないせいか、次の日に残りやすい印象があります。飲み過ぎには注意が必要です。

いつの日か「吉助茜」も登場するのでしょうか!?

今回飲み比べに使用した芋焼酎「吉助赤」はこちらです。


ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします

 - 芋焼酎評価, 赤霧島 , , , , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

伊佐大泉ヘッド
名地で生み出される2015年新酒「伊佐大泉」と「白霧島」を比較

2015年の新酒が続々登場!「無ろ過」「粗ろ過」の芋焼酎が人気!の記事でもご紹介 …

eat_label_kuroshiranami
リニューアルした「黒白波」と「黒霧島」を徹底比較

鹿児島県は芋焼酎大国であり、鹿児島を牽引し続けた薩摩酒造。薩摩焼酎ブランドの威信 …

kpob
魅惑の新商品「日向木挽BLUE」と「白霧島」の比較

2015年度もついに始動しました。「白鵬の白霧島」も定着しつつありますが、霧島酒 …

228001
日南の銘酒「飫肥杉」と「白霧島」を比較

以前「甕雫」を代表に焼酎蔵が集まる町日南市でも紹介しましたように、焼酎蔵がたくさ …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
白霧島と黒霧島を飲んで比較してみました。

「白霧島」と「黒霧島」は同じ芋焼酎でありながら、使用原料に違いがあることがわかり …

617
おすすめの芋臭い芋焼酎をピックアップ。実は芋臭い芋焼酎なんて存在しない!その真相とは!?

芋焼酎を飲み慣れてくると、芋感が強い芋焼酎が欲しくなりますよね。 「芋感が強い芋 …

pic03_4
飫肥城下町の大衆酒「松の露」と「白霧島」を比較

宮崎県日南市の芋焼酎シリーズ第2弾となります。第一弾は日南の銘酒「飫肥杉」と「白 …

甕伊佐錦ヘッド
「黒伊佐錦」の最高峰「甕伊佐錦」と「黒霧島」を比較!

鹿児島県伊佐市の大口酒造で造られる「黒伊佐錦」は、黒麹製芋焼酎のパイオニアとも言 …

LIG_soregaichibandaiji500s-thumb-750x500-3483
新旧プレミア対決 赤霧島と茜霧島を徹底比較~仕様編~

「白霧島」や「黒霧島」は私をはじめたくさんの方の晩酌の友になっているのと思います …

なかむらヘッド
中村酒造場の手造り焼酎「なかむら」と「白霧島」を比較・評価!

焼酎造りは「1麹2酛3仕込」と言われます。 1番大切なのは「麹造り」。麹の出来で …