芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

ノンアル飲料が自動販売機で売っていない理由

      2015/06/26

ノンアルビールもトクホの時代へという記事を書きながら、少し疑問に思ったことがあります。

ノンアルビールに限らず、ノンアルカクテル、ノンアル梅酒などアルコールが1%未満の飲料でありながら、飲料自動販売機で売っているのを目にしたことはありません。
またスーパーやコンビニに行ってもアルコール飲料のすぐ隣に配置され、普通の飲料とは一線を置かれていることがわかります。

ノンアルコールの時点でジュースと変わりないような気もするのですが、どうしてこのように差別化されているのでしょうか!?

酒類の広告・宣伝及び酒類容器の表示に関する自主基準

実は酒類業界では「酒類の広告・宣伝及び酒類容器の表示に関する自主基準」というものが設けられています。

酒類製造者は、酒類が致酔飲料という特性を有することから「未成年者飲酒や飲酒運転等の法令を遵守すること」、「不適切な飲酒の防止や適正な飲酒環境を醸成する」などの社会的責任も果たしていく必要があります。

このために「自主基準」を定め、これを酒類業界で責任を果たしていくことにより、健全な飲酒が楽しめる社会を作ろうという狙いがあります。

「自主基準」は大きく「未成年者の飲酒防止に関する事項 」と「アルコールと健康問題等に関する事項 」に分かれています。

スポンサードリンク

「未成年者の飲酒防止に関する事項 」

例えばお酒のパッケージに「未成年者の飲酒は法律で禁じられています。」「お酒は二十歳になってから」と表示されているのは、法律に準ずる形で付加的に行っています。

細かくは表示する文字の大きさから、TVCMにおけるこの表示秒数まで取り決められています。

未成年者を対象としたイベントやTV番組ではお酒のCMは行わない。小学校、中学校、高等学校の周辺100m以内に、屋外の張替式大型商品広告板は設置しない。なども取り決められています。

「アルコールと健康問題等に関する事項 」

「妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります」「飲酒運転は法律で禁止されています」などがこの項目に該当します。

「お酒は適量を飲むこと」や「一気飲みを煽る広告をしない」ことなども含まれます。

一般的にお酒を飲む時間帯ではない5:00~18:00までのTVCMを行わないなども取り決められています。

ノンアル飲料が自動販売機で売っていない理由

ここまで自主基準に関して述べてきたわけですが、実はノンアル飲料もこの自主基準に該当するのです。

「酒類事業者が製造販売するノンアルコール飲料は、成人の飲用を想定していることから、これに係る広告・宣伝及び容器の表示等についても、自主基準において取り扱うこととする。」

酒類の広告・宣伝及び酒類容器の表示に関する自主基準にこのように書かれています。

酒類事業者がノンアル飲料を販売する目的は「お酒が飲めない成人者でもテイストを楽しむことができるように!」「ドライバーの方にもノンアル飲料で飲み会を楽しんでもらえるように!」といったことが挙げられます。

つまり、「成人の飲用を想定している」ということになります。

ですのでアルコールはほぼゼロですが、お酒のカテゴリーと同様の扱いとなるわけです。今後も飲料自動販売機でノンアル飲料を目にすることはないでしょう。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします

 - 酒類業界の話題 ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Comment

  1. なるほどです。

    ノンアルで会議とか、やっぱり違和感あったりするのと一緒ですね。

    応援しておきました。ポチッ

  2. 芋好人 芋好人 より:

    矢田@医療職兼業トレーダー様
    コメント&応援ありがとうございます。
    ノンアルで会議!?確かに違和感ありありですね。今やノンアル分野もかなりの勢いですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

koti
暑い夏を吹き飛ばせ!「ゆきゆき台湾風かき氷器」を使ってオリジナルカクテルを作ろう!

いよいよ梅雨が明ければ夏本番です。太陽が照り付ける暑い夏には「かき氷」がピッタリ …

りらっくす
「家飲み」人気の理由を徹底調査!「家飲み」で人気なお酒は一体何!?

あなたは「家飲み」それとも「外飲み」どっち派ですか!? 消費税増税など家計への圧 …

AL007-zunishitesetumei20140722500-thumb-815xauto-5267
気になるお酒「どぶろく」とは!?地域限定でしか楽しめない!?「どぶろく特区」について解説します。

神戸市は2日、地域限定で農家に少量での酒類製造販売を認める国の構造改革特区「どぶ …

PAK86_atamawokakaerudansei20131223500-thumb-815xauto-5033
酎ハイを増税しなければならない裏事情とは?合わせて増税の仕組みを分かりやすく解説します。

2015年5月11日、私たちお酒ファンにとって気になるニュースが流れました。つい …

GREEN_MO20140125500-thumb-750x500-4149
徹底調査!!どこでどんなお酒が売れているの!?酒税法改正案の是非を問う!!

酒類の過剰な廉売を規制する酒税法改正案が国民の間で波紋を呼んでいます。この度、国 …

びーるなど
「ビール類税制統一」「酎ハイ増税」が見送りとなった2つの裏事情とは!?

2016年に税制改正において、予定されていた「ビール類税制統一」一本化及び酎ハイ …

ゴクゴク
夏だ!ビールだ!東京・関西・福岡おすすめのビアガーデンをご紹介!

さてさて「ビアガーデン」も時代と共に変化しているようですね。 前回の記事で、期待 …

OOK89_anatanono120131223500-thumb-662x500-3986
お酒のラベルに秘められた魅力をご存知でしょうか!?

酎や日本酒を購入しようと酒屋さんやスーパーのお酒コーナーに足を運ぶと、目の前に広 …

natu
「夏限定焼酎」が続々登場!その人気の理由とは!?

鹿児島県を中心とする南九州酒販や本坊商店等の卸店から、続々と「夏限定芋焼酎」の発 …

tyoinomii
「スマホ」が支える「ちょい飲み」人気の3つの理由!居酒屋の巻き返しは意外な所に!!

都心部では相変わらず「ちょい飲み」が好調をキープしています。「ちょい飲み」の拡大 …