芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

「赤霧島」が酒屋さんに重宝される理由とは?

      2015/11/01

「茜霧島」の発売以降、「赤霧島」の人気に陰りが出てきているように見えますが、実のところそうでもありません。

確かに「茜霧島」は「赤霧島」の後継者 プレミア必至のそのわけは!?の記事で述べたように今後プレミア焼酎として扱われるのは「茜霧島」になっていくと予想されます。

ですが、決して「赤霧島」の人気が衰えたわけではありません。今でも根強いファンは存在しますし、贈答品としても喜ばれる「赤霧島」であります。

需要がまだまだある「赤霧島」は、酒屋さんにとってもかなりの武器になるのはご存じでしょうか!?

スポンサードリンク

酒屋さんにとって「赤霧島」とはどんな焼酎なのか!?

sakaya
「赤霧島」のインターネットでの販売価格は第3回目の「茜霧島」が発売!「茜霧島」と「赤霧島」の価格動向は如何に!?の記事でも書いていますが、おおよそ1,800円です。

一方店頭での「赤霧島」販売価格は、ほぼ定価での販売となっております。

「茜霧島」が販売になるまでは、「赤霧島」が定価で販売されているのを見かける機会は少なかったのですが、現状では「赤霧島」は定価で買う以外は考えられません。

さて酒屋さんにとってはこの販売価格はどのように捉えられるのでしょうか!?

よくよく考えてみると、定価で「赤霧島」を販売して売れ行きが良いということは、酒屋さんにとってもかなり利益があるのです。

競争が激しい「ビール」や「チューハイ」は、どこの安い店で購入しようか!?と消費者側が選択できる状態にあります。

そうなるとこのような商品は酒屋さん側も安くせざるを得ません。それでも利益はあるのですが、定価での販売は考えられないのです。

そう考えるとコンビニは、かなりの利益があることがわかると思います。

さて話を戻しますが、「赤霧島」の定価販売は「赤霧島」自体が利益を生み出すだけでなく、お客様を呼ぶ効果も備えているのです。

お店の入り口に「赤霧島定価販売しています。」というポップが貼ってあったとすると、「赤霧島」ファンは立ち寄って確認したくなるでしょう。

手に入りにくい「赤霧島」が定価販売しているのだから、他の焼酎も安いのではないか!?と思うのが消費者の心理です。

このように「赤霧島」を定価販売することは、酒屋さんにとって多くのメリットがあるわけです。

しかし同じプレミア商品である「茜霧島」はこのような扱いはできないのです。「茜霧島」の発売を心待ちにしない人達とは!?の記事でも書いていますが、「茜霧島」と「赤霧島」の大きな違いはその販売数量です。

「茜霧島」のように販売数量が少ない品目は酒屋さんとしても扱いにくいのです。

「赤霧島」は1升瓶も販売するなど、メーカーが造る「赤霧島」の製造量が増加してきました。ですので、酒屋さんとしても好きなように扱える商品になってきました。

「赤霧島」の在庫を抱えて特売日の目玉商品にしたり、「赤霧島」をメインにセット商品を作ったりと「赤霧島」を軸に販売戦略を立てることができます。

「赤霧島」が酒屋さんに重宝される理由とは?

LIG_soregaichibandaiji500s-thumb-750x500-3483

1.「赤霧島」は定価でも十分売れる商品であり、「赤霧島」自体が利益を生み出すことができる。

2.「赤霧島」を客引きのアイテムとして使うことができて、「赤霧島」以外の商品も売れる見込みがある。

3.「赤霧島」の出荷数量が安定してきており、酒屋さんも「赤霧島」の在庫を多く抱えることができる。

4.「赤霧島」の在庫が十分にあるため、「赤霧島」を軸に販売戦略を立てることができる。

このように「赤霧島」は酒屋さんにとって重要なアイテムになるのです。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします。

 - 焼酎業界の話題, 茜霧島, 赤霧島 ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

714_kuroisanishiki-320x320
18Lの【黒伊佐錦】デカクロが当たるクロイサキャンペーンの詳細と魅力をご紹介!

元祖黒麹芋焼酎と言えば、【黒伊佐錦】でございます。 現在は、博多華丸さんのCMで …

617
おすすめの芋臭い芋焼酎をピックアップ。実は芋臭い芋焼酎なんて存在しない!その真相とは!?

芋焼酎を飲み慣れてくると、芋感が強い芋焼酎が欲しくなりますよね。 「芋感が強い芋 …

021
2014年の焼酎・泡盛メーカー売上高ランキング

2015年8月26日、全国の焼酎・泡盛メーカーの2014年の売上高ランキングが、 …

f0145103_139843
2016年春の「赤霧島」発売日が決定しました!定価購入するために前回の復習をしましょう!

2016年9月25日追記 「赤霧島」の2016年秋の発売日が決定しました。詳しく …

034
「森伊蔵」定価購入にチャレンジ!

以前、私が「プレミア焼酎」をオススメできない理由の記事でプレミア焼酎を高値で購入 …

紅はるか焼き芋
本格芋焼酎に使われるサツマイモは本当においしいのか!?食べて検証してみました!

当ブログに再三登場してくる本格芋焼酎は、鹿児島県の特産物である「サツマイモ」が二 …

f0145103_139843
2016年秋発売の赤霧島を定価で購入するための情報共有ページ

食欲の秋、焼酎の秋、【赤霧島】の秋がやってきました! ちょっと強引ですが、間もな …

噴火
口永良部島の噴火で垣間見える地元の絆!私たちにも出来る意外な復興支援方法とは!?

2015年5月29日に起きた口永良部島の噴火が思わぬところに影響を及ぼしています …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「黒霧島」「白霧島」の霧島酒造が新工場建設を踏み切った背景とは!?一方で懸念される問題点も!

2016年5月24日「霧島酒造」が新工場建設を発表しました。 私がこの情報を知っ …

102042_1
2016年1月販売開始「茜霧島」のネットでの販売状況!「赤霧島」とは異なるそのわけは!?

2016年1月発売の「茜霧島」が店頭に並ぶようになってきました。 市場調査結果は …