芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

【色】の違いに注目!芋焼酎の色違いからくる特徴と解説!

   

少し日にちが開きましたが、久しぶりの記事の投稿です。

今回は少し志向を変えて、芋焼酎によく登場する「色」にスポットを当てていきたいと思いますね。

私のブログに登場する「白霧島」や「黒霧島」などの芋焼酎に関しても「白」「黒」の色を謡っているのが特徴ですよね。


さてこの「色」はいったいどこから来るのでしょうか!?

「白黒はっきり付けよう!」あなたは「白派?」それとも「黒派?」

まずは、「白、黒」の違いについてです。

例えば「白霧島」「黒霧島」に続き、「白波」と「黒白波」も同様です。「若潮」「黒若潮」なんてものもあります。


これは、「麹の種類」に起因しているんですね。

種麹に「白麹」を使って造る芋焼酎は、「白~」
種麹に「黒麹」を使って造る芋焼酎は、「黒~」

となります。

以前は「白麹」の芋焼酎が主流だったことから、白麹の芋焼酎に関しては冠に「白」を付けずに、そのまま銘柄が来る焼酎が多いですね。

「白波」「若潮」「伊佐錦」などは、つまり「白麹」だということになります。

芋焼酎の麹はたいてい「米」を使用しますが、その名の通り白麹を使用すると米麹は「純白」に染まり、黒麹の場合は「漆黒」に染まります。

麹の種類によって、生成する酵素が異なり特有の風味を演出するというわけです。

スポンサードリンク

黄色の麹もあるんですよ!

清酒などで使われる「黄麹」というものも存在します。

芋焼酎屋さんはあまり「黄麹」を使いたがらないんですね。「黄麹」は、クエン酸を生成しないため、腐れやすく扱いにくいんです。

芋焼酎の蔵は「鹿児島」を中心に暑い地方で造られていますので、腐れには気を遣います。

そんな中でも厳しい「麹管理」を行い造っている蔵もありますよ。

「小鶴黄麹」や「さつま黄若潮」が最もわかりやすく「黄色」を前面に出していますね。


この他にも「富乃宝山」や「さくら白波」なども黄麹の芋焼酎なんですよ。


黄麹の芋焼酎は飲まれた方も少ないと思いますが、華やかでフルーティーな香りを演出する芋焼酎が多いですよ。

紅の色の由来は何処から!?

「紅」「赤」「紫」など、あか系の色を謳っている芋焼酎もありますよね。

「赤霧島」「赤猿」「明るい農村赤芋仕込」などがあります。

もうネタバレになっていますが、これは「赤系のサツマイモ」を使っている芋焼酎だということですね。

レギュラーの芋焼酎は「コガネセンガン」という黄金色のサツマイモを使用している蔵がほとんどです。

それに対して赤芋系の芋焼酎は、「アヤムラサキ」「ムラサキマサリ」「ベニコガネ」などのサツマイモ品種を使用しています。

「赤系」の芋は栽培量が限られていて「期間限定」で販売されるパターンが多いですよね。

「赤系」の芋焼酎は、ポリフェノール系の風味が出やすく赤ワインのようなフルーティーな香りを演出します。



ちなみに「茜霧島」は、オレンジ系の芋を使用していて「オレンジ⇒茜色」と表現しているのでしょう。

青の勢いとは!?

最近、当ブログにも問い合わせが多いのが「青」の芋焼酎です。

「青」の芋焼酎ってなんだ!?という話ですよね。

雲海酒造が宮崎県限定で販売している芋焼酎があります。これが「木挽きブルー」という芋焼酎です。

「青い麹」も「青い芋」も存在しませんので、一体「青」はどこからきたのでしょうか!?

「木挽きブルー」は、宮崎県日向灘で採取した当社独自の酵母「日向灘黒潮酵母」を使用しています。

どうやら「木挽きブルー」の青は、宮崎の青い海をイメージして選ばれたようですね。

バナナ香が高くスッキリした味わいで、人気急上昇の銘柄ですね。

芋焼酎の色ブームに「青」を持ってきたところで、インパクトも強いですよね。

色で選ぶ芋焼酎も面白い!

芋焼酎を選択する際、銘柄や蔵元から選ぶのが定石ですが、色から入っても面白いですよね。

例えば「赤霧島」が好きな方は、「赤系」の芋焼酎を探してみると自分好みの芋焼酎に出会える可能性は高くなります。

また「黄麹」はあまり出回っていないので、まだ経験のない方は一度手に取って飲んでもらいたいですね。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いしますm(__)m

 - 焼酎業界の話題 , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ランキング
2015年総括!芋好人が選ぶ芋焼酎ランキング!第5位⇒第1位

2015年、私が飲んで記事にさせて頂いた「芋焼酎」はなんと34銘柄! 2015年 …

resize
芋焼酎の味に地域特徴がある3つの理由

芋焼酎をレビューしていく中で、薩摩焼酎や霧島酒造の「白霧島」「黒霧島」、日南市の …

102042_1
「茜霧島」の美味しい飲み方を徹底検証!

第3回目の「茜霧島」発売が先日行われました。今回無事に「茜霧島」をゲットすること …

102042_1
「茜霧島」の次回発売日のお知らせ~数量限定発売の本当の理由とは!?

最近ネット上でも盛り上がりを見せ始めた「茜霧島」の次回発売日が決定しましたのでお …

034
「森伊蔵」定価購入にチャレンジ!

以前、私が「プレミア焼酎」をオススメできない理由の記事でプレミア焼酎を高値で購入 …

TAI85_jumpbiz20140823105007500-thumb-1180x800-5433
薩摩酒造が導き出した芋焼酎業界の飛躍

先日記事にアップした薩摩焼酎ブランドの鹿児島県と霧島酒造の躍進が目覚ましい宮崎県 …

キャンペーンヘッド
霧島酒造から【100周年感謝キャンペーン】がスタート!魅惑の焼酎【百瑠璃】とは!?

2016年11月12日追記 2016年9月に始まった魅惑の焼酎【百瑠璃】が当たる …

さくら白波ヘッド
薩摩酒造が造る「さくら白波」の魅力に迫る~仕様編~

2011年3月に薩摩酒造より「さくら白波」という芋焼酎が、西日本限定で発売となり …

指1
今、最も注目の芋焼酎!?女性もベタ惚れプレミア焼酎の予感も漂う銘柄とは!?

最近ですね。私が密かに狙っている芋焼酎があるんですね。 昨秋も購入をしたい!と試 …

N112_sonnabakana500-thumb-750x500-1952
ハワイのお土産はもう迷わない!日本人も驚くその商品とは!?

ハワイに旅行に行くと必ずお土産を買って帰ることになりますよね。 会社などグループ …