芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

芋焼酎業界のスタンダードを覆した黒霧島の存在

      2015/06/26

芋焼酎の出荷量を競い合う鹿児島県と宮崎県。歴史を切り開いたのは、鹿児島県の薩摩焼酎ブランドでした。

薩摩焼酎ブランドを定着させたのは、薩摩酒造が出荷する薩摩白波。

薩摩白波は1970年の第一次焼酎ブームから20年以上にわたり、芋焼酎のスタンダードとして全国で嗜まれ、コアなファンを作り続けてきました。ここまでが前回のお話です。

黒霧島の登場

時は進み1998年、霧島酒造が黒霧島を世に送り出します。

黒霧島は「芋焼酎は芋臭いもの」という常識を覆し、「全国の人に飲みやすい!女性も飲める芋焼酎を」をコンセプトに造り出されました。

霧島酒造は新たな芋焼酎ファンの獲得に乗り出したのです。既存の芋焼酎ファンはたいてい好きな銘柄があります。

新しい芋焼酎が出たからと言って、それじゃあそっちを飲んでみよう!とはなかなかなりません。一方で、好きな銘柄への愛着こそが薩摩白波の強みだったとも言えます。

「黒霧島」は発売から1年後徐々に売り上げが上昇し、県内から九州へと展開していきました。

九州の最大都市福岡市では、駅で「黒霧島」のサンプルを配るなど、地道な営業を行い続けファンを増やしていきました。

次第に女性や芋焼酎初心者からも支援を受けるようになりました。

スポンサードリンク

黒霧島の飛躍

そんな中、2002年に爆発的なトリガーを引きあてます。人気お笑い芸人ナインティーナインの矢部浩之さんが、民法番組で「黒霧島がうまい!」と大絶賛しました。

そこから全国民に黒霧島の存在が知れ渡り、一気に売り上げも加速していきました。

現在では全国各地のコンビニや居酒屋など、何処にいっても黒霧島が飲めるといいます。

黒霧島は芋臭さが押えられているので食中酒としても評価が高く、これは黒霧島のCMにも象徴されています。

「九州の味とともに、トロッとキリッと黒霧島」のフレーズと共にCMの終わりに初めて黒霧島が登場します。

これはあくまで料理があっての黒霧島だというコンセプトの表れだと思います。

このように、芋らしい芋焼酎から脱却を図った霧島酒造の黒霧島が全国の芋焼酎ファンを増やすきっかけとなりました。

2002年以降、霧島酒造は売上を右肩上がりに伸ばしていき、薩摩白波を颯爽と抜き去っていったのです。

そして2012年には本格焼酎業界のトップ三和酒類(いいいちこの製造元)も抜き去り、本格焼酎業界のトップになりました。

次回、黒霧島のヒットを紐解く。そしてこのままじゃ終われない薩摩焼酎。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

焼酎 ブログランキングへ

 - 焼酎業界の話題 , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

キャンペーンヘッド
霧島酒造から【100周年感謝キャンペーン】がスタート!魅惑の焼酎【百瑠璃】とは!?

2016年11月12日追記 2016年9月に始まった魅惑の焼酎【百瑠璃】が当たる …

N934_udegumishitekatawoorosubiz500-thumb-750x500-2044
甲乙混和焼酎の現状、そして伸び悩むわけ

甲乙混和焼酎の代表的な銘柄は次の通りです。 アサヒ→麦かのか、黒かのか、芋かのか …

AL007-zunishitesetumei20140722500-thumb-815xauto-5267
【色】の違いに注目!芋焼酎の色違いからくる特徴と解説!

少し日にちが開きましたが、久しぶりの記事の投稿です。 今回は少し志向を変えて、芋 …

LIG_soregaichibandaiji500s-thumb-750x500-3483
新旧プレミア対決 赤霧島と茜霧島を徹底比較~仕様編~

「白霧島」や「黒霧島」は私をはじめたくさんの方の晩酌の友になっているのと思います …

さくら白波ヘッド
薩摩酒造が造る「さくら白波」の魅力に迫る~風味編~

薩摩酒造が造る「さくら白波」の魅力に迫る~仕様編~の記事では、私の「さくら白波」 …

209
芋焼酎なのに芋臭くない焼酎が好まれる2つのわけ!

ほぼ毎日の晩酌を欠かさない私としては、芋焼酎の存在は不可欠です。 芋焼酎評価の記 …

本格焼酎の日
11月1日は「本格焼酎の日」関連イベント特集!!

全国的には認知度がまだまだ低いと思いますが、11月1日は年に1度の「本格焼酎の日 …

102042_1
「茜霧島」の次回発売日のお知らせ~数量限定発売の本当の理由とは!?

最近ネット上でも盛り上がりを見せ始めた「茜霧島」の次回発売日が決定しましたのでお …

yjimageTFZTRGB1
本格焼酎新商品のご紹介 メルシャンから販売される「浅黄(うすき)うさぎ」とは!?

「茜霧島」の登場から1年近くが経過しました。「茜霧島」の評価もクチコミで伝わり、 …

MOK_kyouheisu-yossya500-thumb-750x500-1158
本格焼酎の伸び悩み 打開策は!?

「いいちこ」「二階堂」の麦焼酎、「黒霧島」「白霧島」の芋焼酎を代表する本格焼酎業 …