芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

芋焼酎業界のスタンダードを覆した黒霧島の存在

      2015/06/26

芋焼酎の出荷量を競い合う鹿児島県と宮崎県。歴史を切り開いたのは、鹿児島県の薩摩焼酎ブランドでした。

薩摩焼酎ブランドを定着させたのは、薩摩酒造が出荷する薩摩白波。

薩摩白波は1970年の第一次焼酎ブームから20年以上にわたり、芋焼酎のスタンダードとして全国で嗜まれ、コアなファンを作り続けてきました。ここまでが前回のお話です。

黒霧島の登場

時は進み1998年、霧島酒造が黒霧島を世に送り出します。

黒霧島は「芋焼酎は芋臭いもの」という常識を覆し、「全国の人に飲みやすい!女性も飲める芋焼酎を」をコンセプトに造り出されました。

霧島酒造は新たな芋焼酎ファンの獲得に乗り出したのです。既存の芋焼酎ファンはたいてい好きな銘柄があります。

新しい芋焼酎が出たからと言って、それじゃあそっちを飲んでみよう!とはなかなかなりません。一方で、好きな銘柄への愛着こそが薩摩白波の強みだったとも言えます。

「黒霧島」は発売から1年後徐々に売り上げが上昇し、県内から九州へと展開していきました。

九州の最大都市福岡市では、駅で「黒霧島」のサンプルを配るなど、地道な営業を行い続けファンを増やしていきました。

次第に女性や芋焼酎初心者からも支援を受けるようになりました。

スポンサードリンク

黒霧島の飛躍

そんな中、2002年に爆発的なトリガーを引きあてます。人気お笑い芸人ナインティーナインの矢部浩之さんが、民法番組で「黒霧島がうまい!」と大絶賛しました。

そこから全国民に黒霧島の存在が知れ渡り、一気に売り上げも加速していきました。

現在では全国各地のコンビニや居酒屋など、何処にいっても黒霧島が飲めるといいます。

黒霧島は芋臭さが押えられているので食中酒としても評価が高く、これは黒霧島のCMにも象徴されています。

「九州の味とともに、トロッとキリッと黒霧島」のフレーズと共にCMの終わりに初めて黒霧島が登場します。

これはあくまで料理があっての黒霧島だというコンセプトの表れだと思います。

このように、芋らしい芋焼酎から脱却を図った霧島酒造の黒霧島が全国の芋焼酎ファンを増やすきっかけとなりました。

2002年以降、霧島酒造は売上を右肩上がりに伸ばしていき、薩摩白波を颯爽と抜き去っていったのです。

そして2012年には本格焼酎業界のトップ三和酒類(いいいちこの製造元)も抜き去り、本格焼酎業界のトップになりました。

次回、黒霧島のヒットを紐解く。そしてこのままじゃ終われない薩摩焼酎。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

焼酎 ブログランキングへ

 - 焼酎業界の話題 , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

617
普通の「芋焼酎」と何が違うの?「芋焼酎」のPB商品をご紹介!その2つの魅力とは!?

先日、キリンビールがセブン&アイグループと共同開発した「セブンゴールド まろやか …

yjimageTFZTRGB1
本格焼酎新商品のご紹介!三和酒造「三和鶴白・黒」 / 三和酒類「いいちこ・長期熟成貯蔵酒」の商品詳細

本格焼酎新商品のご紹介です。いち早く購入して試してみてはいかがでしょうか!?今回 …

麹プロジェクト
本格麦焼酎「いいちこ」でお馴染みの「三和酒類」が遂行する「麹プロジェクト」!新たなジャンルへの挑戦!

下町のナポレオン「いいちこ」でお馴染みの三和酒類が遂行する「麹プロジェクト」が地 …

resize
芋焼酎の味に地域特徴がある3つの理由

芋焼酎をレビューしていく中で、薩摩焼酎や霧島酒造の「白霧島」「黒霧島」、日南市の …

resize1111
芋焼酎の原料サツマイモに「コガネセンガン」が使われる3つの理由

芋焼酎と言っても、まったく知らない人からすれば「何の芋を使っているの?」というの …

resize1111
お酒を選ぶ際に迷う「パック」と「瓶」。それぞれの特徴とシーンに合わせた選び方を解説します!

本格芋焼酎に限らず、日本酒や焼酎を購入する際、瓶とパックで迷ったことはありません …

3M
プレミア芋焼酎3M「森伊蔵」「魔王」「村尾」の定価を比較してみよう!プレミア価格になる要因とは!?

未だに人気衰えないプレミア芋焼酎3Mと言えば「森伊蔵」「魔王」「村尾」ですよね。 …

プレモルヘッド
鮮度抜群!極上の「ザ・プレミアムモルツ」を試飲体験!話題の最上級ビールも登場

「ザ・プレミアムモルツ」が美味いはずの4つこだわり!~実体験記事~記事の続編です …

f0145103_139843
「赤霧島」が人気焼酎になった3つの理由と本格芋焼酎界にもたらした2つの功績

このところ「茜霧島」の人気が上昇しており「赤霧島」の人気も落ち着いてきました。 …

250
本格焼酎の現状、出荷量から考察する

「白霧島」「黒霧島」を代表する芋焼酎、「いいちこ」「二階堂」を代表する麦焼酎は、 …