芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

日本の焼酎が世界で認められない理由とは?

      2015/07/28

「國酒プロジェクト」の後押しを受けて、日本文化の象徴である「日本酒」は世界において高い評価を受けて近年目覚ましい発展を見せています。詳しい内容は日本酒の影に隠れる本格焼酎とは?をご覧ください。

世界における焼酎の認識とは?

日本酒の目覚ましい発展の陰でもうひとつの國酒「焼酎」は苦戦を強いられています。

総務省の調べによると日本焼酎の輸出額は2014年16億円との結果が報告されています。

実に日本酒の1/7です。更に2013年では17億円の輸出があったことから減少傾向と言えます。

正に、「國酒プロジェクト」の後押しを受けることはできない結果となっています。

世界において焼酎とは、韓国製焼酎がスタンダードとなっています。アメリカの焼酎マーケットにおいては韓国製が90%、日本製が7%と圧倒的大差です。

中国の焼酎マーケットにおいても同様です。韓国製が82%に対して日本製は11%となっています。(残りの数%はベトナム製など)

韓国製の焼酎で代表的なものは、ジンロ、LOTTEです。2013年のジンロの生産量は333万石(1石180L)となっており、日本のトップメーカーの7~8倍の製造量です。

現状世界において焼酎と言えば、韓国の焼酎というのが一般的なことがよくわかると思います。

その要因として大きいのは金額です。日本から輸出される焼酎のほとんどは本格焼酎ですが、どうしても韓国のジンロ、LOTTEに比べて割高になります。

美味しいけれど高い日本の焼酎。焼酎であれば、安い韓国製の焼酎で十分だ!というのが今の世界の焼酎に対する評価です。

本格焼酎が世界で活躍するには!?

スポンサードリンク

DVC00243

考え方によっては、本格焼酎の輸出はまだまだ伸びしろがあるということにもなります。

世界において本格焼酎が飲まれるためには、日本酒が見本となることは間違いありません。

世界における日本酒の認識はどちらかと言えば、高級な贅沢なお酒です。

日本の本格焼酎もお金を出してでも飲みたいカテゴリーにならないといけないのです。現状、世界では焼酎=韓国の焼酎のイメージがあります。

安価なイメージの焼酎が高級酒を謳ったところで、なかなか難しいのが現実なのでしょう。

地道な取り組みとして

霧島酒造が2009年から取り組んでいる「ルーツを歩こう」という九州限定の番組があります。

この番組はさつまいものルーツを探す旅番組で、ナレーターに安めぐみさんと三浦貴大さん等を起用しています。

さつまいもの起源を求め世界の現地の人にさつまいものルーツを聞き取り、そのお礼として「黒霧島」を飲んでもらうのです。

現地の人は初めて飲む「黒霧島」という本格焼酎に目を丸くし、さつまいもでこの焼酎が出来ていることに驚きを示します。

このような地道な取り組みがいつか実を結ぶかもしれません。

白霧島にかける思い

今回発売された白霧島には、モンゴル出身の白鵬関が起用されています。

白霧島が日本を飛び出し、モンゴルへ!そして世界へと羽ばたいていくことが、本格焼酎の世界進出の足掛かりになるかもしれません。

政府が打ち出す「國酒プロジェクト」。日本酒業界に負けじと本格焼酎業界もがんばっていただきたい!そんな思いでいっぱいです。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

焼酎 ブログランキングへ

記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願い致しますm(__)m

 - 焼酎業界の話題 , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

kurosiro
「黒霧島」「白霧島」の3つの違い~表を使って解説~

「白霧島」が発売されて、半年以上が経過しました。次第に「白霧島」が販売される店舗 …

XS80165E
なんとあの焼酎も「ふるさと納税」で手に入る!?おすすめの自治体をランキングでご紹介します。

「肉と焼酎の町」で有名な都城市の「ふるさと納税」の魅力に迫るの記事で「ふるさと納 …

安納芋
【安納芋】で造られた芋焼酎があるって知ってる?敬老の日には【安納芋焼酎】をプレゼントしよう!

イオンなどのスーパーで写真のような焼き芋コーナーがありますよね。 特に女性の方に …

図1
芋焼酎新商品情報 濱田酒造「海童 鯨雲」「海童 蒼(ブルー)」

鹿児島県いちき串木野市に本社を構える濱田酒造㈱は、このたび2つの新商品を販売致し …

紅はるか焼き芋
本格芋焼酎に使われるサツマイモは本当においしいのか!?食べて検証してみました!

当ブログに再三登場してくる本格芋焼酎は、鹿児島県の特産物である「サツマイモ」が二 …

102042_1
「茜霧島」の発売を心待ちにしない人達とは!?

「茜霧島」の3回目の発売から一か月の月日が流れました。 当サイトに訪れる方も「白 …

MOK_kyouheisu-yossya500-thumb-750x500-1158
本格焼酎の伸び悩み 打開策は!?

「いいちこ」「二階堂」の麦焼酎、「黒霧島」「白霧島」の芋焼酎を代表する本格焼酎業 …

LIG_soregaichibandaiji500s-thumb-750x500-3483
新旧プレミア対決 赤霧島と茜霧島を徹底比較~仕様編~

「白霧島」や「黒霧島」は私をはじめたくさんの方の晩酌の友になっているのと思います …

グラフィックス1
「焼き芋焼酎」と「芋焼酎」の違い~製法編~

芸能界では「志村けんさん」が、大の「焼き芋焼酎好き」として知られています。今回は …

satumasupiyuii
「薩摩焼酎」人気復活の鍵を握るのは女性の力?

平成26年度、焼酎王国鹿児島県の本格焼酎出荷量は、宮崎県を下回る事態が起こりまし …