芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

「赤霧島」を超える紅芋焼酎をご存知でしょうか!?

      2015/11/01

私たちが通常飲む「白霧島」や「黒霧島」などの芋焼酎はコガネセンガンという品種のサツマイモを使用しています。他の主要銘柄もこのサツマイモを使用しているのがほとんどです。
20131016_1647890

コガネセンガンを使用する理由として3つ挙げられます。

・焼酎造りに不可欠なデンプンをたくさん含んでいること。
・作りやすい作物であり、単位面積の収量が高いこと
・慣れ親しんだ美味しい焼酎ができること。

以上の観点から、コガネセンガンを作る農家さんも多く、焼酎会社もその使い勝手の良さと安定した品質で文句なしにコガネセンガンを使用しているわけです。

スポンサードリンク

一方で、新しい酒質開発を求めて様々なサツマイモの品種改良も行われています。
ポイントは、デンプン化が豊富で焼酎に適したサツマイモの品種改良となるわけです。その中でヒットした焼酎がムラサキマサリという品種を使った赤霧島です。
f0145103_139843

ムラサキマサリとは

1300419_murasakiimo
高アントシアニンの「アヤムラサキ」と多収、高でん粉の「シロユタカ」の組合せにより九州沖縄農業研究センターによって開発されたもので、平成13年から商品登録されている品種です。

ムラサキマサリのデンプンは、コガネセンガンよりも多く、その特徴であるムラサキ色はポリフェノールの一種です。

焼酎造りに適した高デンプンは確保され、ワインなどで特徴的なポリフェノールの存在によって、新たな酒質へと導かれる期待を持たれたサツマイモです。

赤霧島の特徴

赤霧島は白麹菌を米に塗してできた白麹製の芋焼酎です。二次原料のサツマイモがコガネセンガンを使わずに、ムラサキマサリを使用しているところが「白霧島」との違いになります。

ムラサキマサリ由来のポリフェノールが気品高い香りを演出しています。

芋焼酎の中でもワインのような味わいもあるため、女性にも人気がある焼酎です。ムラサキマサリの生産量には限界があるため、今でも限定発売という形がとられています。

最近では酒屋やスーパーで見掛ける機会は増えたものの、全国的には行き届かない数量であるため、インターネット上では高値がついている状態です。

このようななかなか手に入り辛い「赤霧島」ですが、赤霧島よりも極上のムラサキマサリ焼酎があるのをご存知でしょうか!?

吉助<赤>

霧島のプレミアムシリーズ吉助の赤です。吉助シリーズは、全量芋製焼酎です。通常米で造る麹をサツマイモで麹を造るのです。

ですので、芋麹製焼酎に使われる原料は、サツマイモ、種麹、水、酵母だけになります。

吉助<赤>に関しては、すべてムラサキマサリを使用することになりますので、まさに極上のムラサキマサリ焼酎になります。

金額もその分高値になっていますが、定価より高く売られている「赤霧島」を買うよりは、通常価格の「吉助<赤>」を購入して飲んだほうが、断然お得だと思います。

「吉助赤」と「赤霧島」の評価・レビュー記事はムラサキマサリ対決!「吉助赤」と「赤霧島」を徹底比較!をご覧ください!

私としてはムラサキマサリ焼酎よりもコガネセンガンで造られた芋焼酎のほうが好きです。生粋の芋焼酎ファンですので、新しい味には慣れないですね。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします

 - 焼酎業界の話題, 赤霧島 , , , , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

yjimageTFZTRGB1
焼酎飲み放題の専門店が新宿にオープン!魅力的な内容をご紹介!

私は体調を大きく崩さない限り晩酌は欠かしませんが、いつも芋焼酎を飲みながら、思う …

102042_1
「茜霧島」の美味しい飲み方を徹底検証!

第3回目の「茜霧島」発売が先日行われました。今回無事に「茜霧島」をゲットすること …

PAK72_kawamurasalon15220239-thumb-815xauto-16092
「九州ふっこう割」で九州旅行を楽しもう!お父さんの楽しみは試飲もできる焼酎蔵見学できまり!

熊本地震によって、ずいぶん九州への観光客が少なくなったようですね。 確かに熊本地 …

MOK_kyouheisu-yossya500-thumb-750x500-1158
本格焼酎の伸び悩み 打開策は!?

「いいちこ」「二階堂」の麦焼酎、「黒霧島」「白霧島」の芋焼酎を代表する本格焼酎業 …

aka
ムラサキマサリ対決!「吉助赤」と「赤霧島」を徹底比較!

以前「赤霧島」を超える紅芋焼酎をご存知でしょうか!?の記事で書きましたように、霧 …

resize1111
芋焼酎の原料サツマイモに「コガネセンガン」が使われる3つの理由

芋焼酎と言っても、まったく知らない人からすれば「何の芋を使っているの?」というの …

20度と25度
アルコール度数20度と25度の本格焼酎がある理由とその違いについて詳しく!

大分、宮崎では一般的にアルコール度数20度製の本格焼酎が飲まれています。 アルコ …

f0145103_139843
「赤霧島」が酒屋さんに重宝される理由とは?

「茜霧島」の発売以降、「赤霧島」の人気に陰りが出てきているように見えますが、実の …

b-r02_0_b
酒類業界の発展に不可欠な近年の飲酒者志向!その3つの要素とは!?

一昔前はちゃぶ台に清酒の一升瓶を置いて、親父が酒を乱暴に飲む姿がありました。 こ …

250
本格焼酎の現状、出荷量から考察する

「白霧島」「黒霧島」を代表する芋焼酎、「いいちこ」「二階堂」を代表する麦焼酎は、 …