芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

日向灘の香りと共に仕込む「日南娘」と「白霧島」を徹底比較!

      2016/03/10


「日南娘」と書いて「ひなむすめ」と呼ぶ芋焼酎をご存知でしょうか!?

「日南娘」は宮崎県日南市の大堂津にある「宮田本店」にて造られた白麹製の芋焼酎です。

「宮田本店」がある大堂津地区は海水浴場もあるほど海に面した地域で、宮崎西側の灘である日向灘の香りと共に芋焼酎の仕込みを行っています。

今回も個人的に好きな「日南の焼酎」を楽しむことができましたので、「白霧島」との比較レビューをご確認ください!

「日南娘」の仕様

日南娘仕様

スポンサードリンク

「日南娘」はオーソドックスな白麹製の芋焼酎ですが、「家伝四石甕」にモロミを仕込むのが特徴的です。

米蒸しにおいては従来から使われている「甑」を使用し、麹室で丹念に米麹を造ります。

このように手作業での麹造り、甕仕込みでありながらも1升瓶で1,700円で購入できるのはお買い得だと思います。(定価販売の場合)

官能評価

日南娘評価

飲み方

今回はアルコール度数25度製の「日南娘」を用いましたので、アルコール度数25度製白霧島と比較します。飲み方はお馴染みのロックです。

香り

「日南娘」の栓を開けて香りを堪能します。潮の香りも手伝ってか、サツマイモの強い香りは強く感じませんでした。

「白霧島」の特徴でもある華やかな香りとはまた違って、静かな落ち着いたほのかなサツマイモの香りです。

味わい

「日南娘」を口に含み、舌の上で転がせます。香りが落ち着いていた割には、しっかりとサツマイモのふくよかな味わいが楽しめます。

幾分「白霧島」よりもサツマイモのふくよかさを感じることができます。

これまでの芋焼酎評価でも感じているのですが、「甕仕込み」の特徴として、サツマイモのふくよかさは向上する傾向にあると感じます。

甘辛度

「日南娘」のふくよかさを感じて次に訪れるのがサツマイモの甘さです。「白霧島」も甘い焼酎なのですが、「白霧島」の甘さは酵母由来というか、サツマイモの甘さという感じではないです。

「日南娘」はサツマイモの甘さがのどごしまで楽しむことができます。

「日南娘」と「白霧島」はどこか甘さの種類が違うように感じます。

後切れ

「日南娘」の後切れは「白霧島」とまではいきませんが、スッキリしている印象です。

ここまでサツマイモの特徴を出してきている割には、後切れまではサツマイモ感が残らず、スッキリと消えていく印象です。

日南焼酎の特徴である、「後味スッキリ型」の芋焼酎です。やはり日南の蔵々では、「水」「酵母」「麹」などが近いものを使っているのでしょう。

芋らしさ

通常芋らしさが強い焼酎は、終始サツマイモを主張してくるわけですが、「日南娘」は少し違います。

香りと後切れでは控えめですが、口に含んでのどごすまではサツマイモらしさを感じることができます。

まとめ

「日南娘」は飲みやすい芋焼酎だと思います。初心者向けとまではいきませんが、初~中級者において楽しめる芋焼酎だと思います。

「日南焼酎」の特徴である飲みやすい、スッキリした芋焼酎でありあがら、サツマイモの風味もしっかり楽しめることができます。

「甕仕込み」特有のふくよかさを至福に感じながら、疲れた時の晩酌に使ってみてはいかがでしょうか!?

今回飲み比べに使用した芋焼酎「日南娘」はこちらです。

日南娘 25°1...

日南娘 25°1…
価格:3,130円(税込、送料別)

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします。

 - 芋焼酎評価 , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

%e6%a3%ae%e4%bc%8a%e8%94%b5%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89
本格焼酎の日に特別な芋焼酎【森伊蔵】を飲みました!

先日11月1日は、本格焼酎・泡盛の日でしたね。 東京有楽町、羽田空港など各地でイ …

tatibana
あの名蔵が造る芋焼酎「橘」と「白霧島」を徹底比較

「橘」と言えば、プレミア焼酎「百年の孤独」でお馴染みの「黒木本店」が造る芋焼酎で …

0a27f3cc
銘酒「富乃宝山」と「白霧島」を比較!

芋焼酎ブームで一世を風靡した「富乃宝山」という芋焼酎をご存じでしょうか!?今回は …

img55599795
「ゴールドラベル霧島」と「白霧島」を比較

「ゴールドラベル霧島」をご存知でしょうか!?金霧島ではありません。新発売された「 …

なかむらヘッド
中村酒造場の手造り焼酎「なかむら」と「白霧島」を比較・評価!

焼酎造りは「1麹2酛3仕込」と言われます。 1番大切なのは「麹造り」。麹の出来で …

1006_mitake-320x320
屋久島の銘酒「三岳」と「白霧島」を飲み比べ!

芋焼酎通の方では数年前に話題になった「三岳」をご存じでしょうか!? この「三岳」 …

714_kuroisanishiki-320x320
黒麹ブームの先駆者「黒伊佐錦」と「黒霧島」を比較

実は黒霧島よりも前に注目を浴びていた黒麹製の焼酎があったことをご存じでしょうか! …

侍士の門ヘッド
幻の米で造られた芋焼酎【侍士の門】と【黒霧島】を比較!

最近はいつもの【白霧島】ばかり飲んでいたのですが、久しぶりに新しい芋焼酎を飲みま …

akarui
優等入賞の常連銘柄「明るい農村」と「白霧島」を比較

鹿児島県本格焼酎鑑評会2007年から8年連続優等入賞の「明るい農村」と白鵬がオス …

102042_1
「茜霧島」の美味しい飲み方を徹底検証!

第3回目の「茜霧島」発売が先日行われました。今回無事に「茜霧島」をゲットすること …