芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

「ゴールドラベル霧島」と「白霧島」を比較

      2016/03/10


「ゴールドラベル霧島」をご存知でしょうか!?金霧島ではありません。新発売された「白霧島」ばかりに目が入ってましたが、ふと以前飲んだ「ゴールドラベル霧島」の存在を思い出しました。

今回は「ゴールドラベル霧島」と新発売の「白霧島」の比較を行いたいと思います。

ゴールドラベル霧島とは

霧島酒造が平成7年に発売された芋焼酎です。当時芋臭い焼酎が主流で芋焼酎と言えば薩摩焼酎の時代でした。

そんな中、女性にも飲みやすいフルーティーな香りをする芋焼酎を!という要望に応え「ゴールドラベル霧島」が生まれました。

「ゴールドラベル霧島」は東北の酵母を使用した、芳香系の香り豊かな白麹製の芋焼酎です。常圧蒸留を採用しており、アルコール度数20度の本格焼酎になります。

720ml(4合瓶)の商品のみで、稀にスナックで見かけることがあります。フロスト瓶を採用しており、やや高級感のある風格をしていますが値段は1,000円未満です。

飲み方

今まで、ストレートをメインにしていましたが、今回はメーカーオススメの飲み方であるロックにて比較しました。

官能評価

ゴールドラベル

スポンサードリンク

香り

同じ白麹製ではありますが「ゴールドラベル霧島」の香りの華やかさは抜群のものがあります。「ゴールドラベル霧島」の最も特徴がある部分であろうと感じます。赤霧島や茜霧島も華やかな香りをしますが、それに引けをとることはありません。

これまでレビューしてきた焼酎がさつまいもの香りを強調しているのに対し、「ゴールドラベル霧島」からは芋の強い香りは感じられません。

味わい

「白霧島」と「ゴールドラベル霧島」の味わいは比較的似ているように感じます。白麹、霧島裂罅水、原料サツマイモは同様のものを使っているのが要因でしょうか!?

甘辛度

「白霧島」ほどの甘さは感じませんでした。どちらかと言えば甘い方ですが「白霧島」ほどはありませんので、スッキリ飲める印象です。

後切れ

「白霧島」、「ゴールドラベル霧島」ともにスッキリした後切れです。「ゴールドラベル霧島」は余韻にフルーティー感が残ります。その分若干後切れが残る採点になりました。スッキリした余韻ですので、初心者でも苦にならないのではないでしょうか!?

芋らしさ

「白霧島」はリニューアルに際して、芋らしさがだいぶ抑えられた印象です。平成7年に発売された「ゴールドラベル霧島」は、もしかしたら今回のリニューアルのヒントになったかもしれませんね。当時の焼酎とは思えないほど芋らしさが抑えられています。

まとめ

「ゴールドラベル霧島」という焼酎は初心者でもとっつきやすい焼酎だと感じます。香りはフルーティーですし、柔らかく甘い飲み口です。芋焼酎のコアなファンには物足りないかもしれませんね。

個人的には久しぶりに飲んだのですが、美味かったですね。「白霧島」とリニューアル前の「霧島」両方の味を感じるような焼酎だな!と思いました。

金額は、4合瓶で1000円未満ですが、晩酌で使う芋焼酎としてはちょっと贅沢ですね。もう少し安ければ、晩酌のメインになりそうです。

「ゴールドラベル霧島」は中華料理などの濃い料理でも合いそうですね。焼酎で口の中もスッキリしそうです。
今回ご紹介した「ゴールドラベル霧島」はこちらです。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

焼酎 ブログランキングへ

 - 芋焼酎評価 , , , , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

img105610749501
ハワイの芋焼酎「浪花」の原点!万膳酒造が造る「萬膳」と「黒霧島」を比較

以前、ハワイのお土産はもう迷わない!日本人も驚くその商品とは!?の記事でご紹介し …

aka
ムラサキマサリ対決!「吉助赤」と「赤霧島」を徹底比較!

以前「赤霧島」を超える紅芋焼酎をご存知でしょうか!?の記事で書きましたように、霧 …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
白霧島と黒霧島を飲んで比較してみました。

「白霧島」と「黒霧島」は同じ芋焼酎でありながら、使用原料に違いがあることがわかり …

101_arawazasakurajima-320x320
「あらわざ桜島」と「白霧島」を比較~磨き蒸留の効果に迫る~

先日、磨き蒸留について記事にした「あらわざ桜島」を飲みましたので、「白霧島」と徹 …

pic03_4
飫肥城下町の大衆酒「松の露」と「白霧島」を比較

宮崎県日南市の芋焼酎シリーズ第2弾となります。第一弾は日南の銘酒「飫肥杉」と「白 …

不二才ヘッド1
「薩摩の薩摩」が生み出す芋焼酎「不二才」と「白霧島」を比較!

「不二才」と書いて「ぶにせ」と呼ぶ本格芋焼酎があります。 「不二才」は、鹿児島県 …

赤兎馬ヘッド
今までの香りと全く違う芋焼酎「赤兎馬」と「白霧島」を評価・比較!

久しぶりに新しい銘柄を飲みましたので、ご紹介しますね。 今回頂いた銘柄は「赤兎馬 …

20120209161707_img1_5
ライバル対決第2弾!「日向木挽黒」と「黒霧島」を比較する!

「日向木挽」に引き続き「日向木挽黒」のレビューを行いました。 「日向木挽き」のレ …

kitisuke
霧島のプレミアム「吉助白」と「白霧島」の比較

長く手掛けている仕事が片付いた時、給料を頂いた時など少し贅沢したい気持ちがあるこ …

1006_mitake-320x320
屋久島の銘酒「三岳」と「白霧島」を飲み比べ!

芋焼酎通の方では数年前に話題になった「三岳」をご存じでしょうか!? この「三岳」 …