芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

酎ハイを増税しなければならない裏事情とは?合わせて増税の仕組みを分かりやすく解説します。

      2015/07/25

2015年5月11日、私たちお酒ファンにとって気になるニュースが流れました。つい先日も酒税法改正案で、賛否両論上がったばかりです。

参考記事はこちら⇒酒類の過剰な廉売を規制する酒税法改正案に賛否両論

読売新聞に掲載されたその内容を抜粋してみたいと思います。

ppc_kouridehiyasaretanomimono-thumb-815xauto-12989

・政府・与党は2016年度の税制改正で、チューハイにかかる酒税の引き上げを検討する。

・ビールや発泡酒などビール系飲料の税額を一本化する検討を進めるにあたって浮上した。

・課税強化などでアルコール依存を防ごうとしている世界の流れを踏まえ、関連業界にも理解を求めていく。

・チューハイは、焼酎やリキュールといった蒸留酒を炭酸水や果汁など別の飲料で割った低アルコール飲料の総称で、350ml缶で酒税額は28円と低く、1本150円前後で販売されている。

・15年度の税制改正大綱で、原材料や製法の違いなどから差をつけてきた「ビール」「発泡酒」「第3のビール」の税額を将来的に一本化する方針を示した。

・衆院選があったため具体策は16年度改正に持ち越されたが、今年の年末には一本化の仕組みや実施時期などが決まる可能性が高まっている。全体の税収が変わらないようにする場合、55円程度になる計算だ。

このような内容です。

「ビール」「発泡酒」「第3のビール」の酒税を一本化する税制改正大網に「チューハイ」も一緒に酒税を上げよう!というわけです。

酒税改正後のイメージ

まずは税制改正後のイメージ図をご覧ください!

スポンサードリンク

増税イメージ

「ビール」が減税される見込みですので、元々「ビールしか飲まない派」の方にはとても喜ばしい話です。
beers2

ですが、「発泡酒」「第3のビール」そして「チューハイ」はそれぞれ増税されます。そして、全ての酒税が統一され180円前後の商品価格になるのです。

元々、「発泡酒」「第3のビール」を造った理由は間違いなく酒税対策です。

「発泡酒」「第3のビール」は、少しでも財布に優しいビールテイスト飲料を食卓にもたらそうと、メーカーが思考を凝らしてできた商品です。

今後、「発泡酒」「第3のビール」の消費量は右肩下がりに減少していくでしょう。

ここまでは2015年の税制改正大綱で検討されていた案件なので、大方覚悟はできていたわけです。

チューハイの増税案。その理由とは?

これに加えて2015年5月11日に明らかになったのが、チューハイの増税案です。

結局、「第3のビール」のリキュール類とあまり変わらない「チューハイ」も一緒に増税しましょう!という話です。

政府はたてまえ上、「アルコール依存を防ごうとしている世界の流れを踏まえ」と理解を求めていますが、無理くり理由付けしたように見えます。

と言うのも、本物のアルコール依存は「チューハイ」よりももっと濃いお酒を飲むからです。

寧ろ、若者のアルコール離れに拍車をかけるに違いありません。

本当の理由は、「税収の向上」でしょう。そして、「チューハイ」の税金を上げるもうひとつの理由があります。

それは、「競争の健全化」です。「チューハイ」を増税しなかった場合、「チューハイ」だけが安いお酒として生き残ってしまうことになるのです。

メーカーもこぞって「チューハイ」に力を入れ、「ビール」などの飲料は大打撃を受ける可能性が高いのです。

このように、たてまえ上の理由と「チューハイ」の税率を上げざるを得ない裏事情があるのでしょう。

私としては「第3のビール」から「ビール」へ変えようと思いますが、健康面が気になるところです。

今後の酒税率改正から目が離されません。

実は、この増税を歓迎する業界もあるのです。

次回、酎ハイ増税を好機と捉えるその業界とは!?


ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします!

 - 酒類業界の話題 , , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

021
平成27年の酒類輸出に明るい兆し!驚くべき需要のウイスキーと、伸び悩むしょうちゅう!明暗分かれた蒸留酒

国税庁より平成27年の酒類輸出に関する情報が公開されました。 詳細は平成27年酒 …

OZPA88_tetuzankou20130707171010500-thumb-815xauto-5807
酎ハイ増税を好機と捉えるその業界とは!?

酎ハイ増税のニュースでお酒ファンは再び落胆の声を上げることとなりました。ニュース …

kurahutoheddo
困難を乗り越えて!美味しい「クラフトビール」への歩み

あいにくの梅雨空が続きますが、梅雨が明ければいよいよ夏到来です。 ビールが美味し …

PAK86_testderuzo20141123172553500-thumb-815xauto-12054
「日本酒」と「焼酎」の違いとは!?~造り方法の違いをフローで解説~

同じ國酒である「日本酒」と「焼酎」ですが、その違いは何処にあるのでしょうか!?今 …

びーるなど
「ビール類税制統一」「酎ハイ増税」が見送りとなった2つの裏事情とは!?

2016年に税制改正において、予定されていた「ビール類税制統一」一本化及び酎ハイ …

ウイスキーボトル
国産ウイスキーが大ヒットの兆候!国内ではハイボールブーム!輸出需要も急上昇!

国産ウイスキーが着々とかつての栄光を取り戻す動きをしています。 1980年代に盛 …

166
飲酒18歳解禁に潜む危険性!そもそも20歳以上だった理由とは?

2015年8月31日、正直ビックリするようなニュースが流れました。 内容は以下の …

課税移出数量考察
酒類課税数量から考察する「ビール類税制統一」や「18歳以上飲酒解禁」との関係性~前編~

酒類の動向をいち早く把握するために、国税庁が発表する「酒類課税移出数量」という値 …

PAK55_akaieki-glass500-thumb-815xauto-2988
【芋焼酎】でもない【日本酒】でもない新しいお酒のご紹介!

【日本酒】と【本格焼酎】といえば、国を象徴するお酒ということで、【國酒】(こくし …

PAK86_nayamubiz20131223500-thumb-900x600-4605
飲酒18歳解禁に「待った!!」軌道修正した真意、その舞台裏とは!?

事の始まりは、2015年8月31日。 自民党の成年年齢に関する特命委員会において …