芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

平成27年の酒類輸出に明るい兆し!驚くべき需要のウイスキーと、伸び悩むしょうちゅう!明暗分かれた蒸留酒

   

国税庁より平成27年の酒類輸出に関する情報が公開されました。

詳細は平成27年酒類輸出状況からご覧いただけます!

人口減少、若者のお酒離れにより、日本国内の酒類消費は減少を辿る中、海外への酒類輸出ではどのような結果になったのでしょうか!?
平成27年酒類輸出金額

結果から申し上げますと、平成27年の酒類輸出金額は390億円(前年比133.0%)となり、4年連続で過去最高出荷額を更新しました。

酒類業界が国内で伸び悩む中、極めて明るい話題です。

次に輸出数量においても109,906kl(前年比125.2%)となり、過去最高の水準となりました。
平成27年酒類輸出先

輸出国は上位から、アメリカ合衆国94億円(前年比148.2%)、韓国65億円(131.2%)、台湾45億円(125.5%)となっています。

「輸出額」、「輸出数量」、「輸出国上位3カ国共に2ケタ増」と明るい兆しが見える中、ひとつだけ残念な結果もあります。

スポンサードリンク

しょうちゅうだけはマイナス!

平成27年酒類輸出品目
お酒のジャンル別に見た時、最も輸出が多いのは國酒である清酒で、140億円(前年比121.8%)となっています。

これは、和食ブームといった日本食への関心が高くなっていることが寄与していますね。

また「獺祭」を手掛ける旭酒造を始め、清酒業界の積極的な海外進出が好機を得ている結果ですね。

次いでウイスキー104億円(177.4%)です。

日本産ウイスキーの評価が非常に高く、フランス、オランダといったヨーロッパ諸国への輸出も増えてきています。

日本産ウイスキーブランドの高品質が世界でも認められているということでしょう。

3番目はビール86億円(129.9%)で、こちらも継続した大幅増が続いています。

昨年までは、ウイスキーを押さえ2番手だったのですが、これだけ輸出が増えたビールを押さえて2番手に上がったウイスキーの勢いは、目を見張るものがあります。

日本でのウイスキーの価格高騰の背景は、こういった海外の日本産ウイスキーブームによるところも大きいようですね。

そしてしょうちゅうなのですが、19億円(前年比98.1%)となっています。

明らかにしょうちゅうだけが、取り残されている状況です。

輸出先も中国が多く、今までと変わり映えしない結果です。

つまり、しょうちゅうに関して言えば、海外輸出へ消極的だということなのでしょう。

しょうちゅうの海外進出が難しいのは、以前日本の焼酎が世界で認められない理由とは?記事でご紹介したこともありますが、まだまだ日本のしょうちゅう文化を世界で認めてもらえていないのでしょうね。

私が考えるしょうちゅうは本格焼酎になるわけですが、本格焼酎の良さをもっと世界へと発信していく道を整備していくことから始めていかなければなりません。

とは言っても、酒類業界の清酒やウイスキーは着実にその道を歩み始めたわけです。

本格焼酎業界もその道が必ずあることを信じています。

TPP大筋合意が今後のしょうちゅう輸出の追い風になることも加えて期待したいですね。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いしますm(__)m

 - 酒類業界の話題 , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

プレモルヘッド
「ザ・プレミアムモルツ」が美味いはずの4つこだわり!~実体験記事~

2015年8月の夏は灼熱の暑さが続いていますね。やはりこんな暑い日に飲むべきもの …

りらっくす
「家飲み」人気の理由を徹底調査!「家飲み」で人気なお酒は一体何!?

あなたは「家飲み」それとも「外飲み」どっち派ですか!? 消費税増税など家計への圧 …

PAK55_akaieki-glass500-thumb-815xauto-2988
【芋焼酎】でもない【日本酒】でもない新しいお酒のご紹介!

【日本酒】と【本格焼酎】といえば、国を象徴するお酒ということで、【國酒】(こくし …

OZPA88_tetuzankou20130707171010500-thumb-815xauto-5807
酎ハイ増税を好機と捉えるその業界とは!?

酎ハイ増税のニュースでお酒ファンは再び落胆の声を上げることとなりました。ニュース …

209
未成年者はノンアルコール飲料を飲んでいいのか!?

近年、ノンアルコールビール、ノンアルコールカクテルなどノンアルコール飲料人気が上 …

課税移出数量考察
酒類課税数量から考察する「ビール類税制統一」や「18歳以上飲酒解禁」との関係性~前編~

酒類の動向をいち早く把握するために、国税庁が発表する「酒類課税移出数量」という値 …

幹事
あの「氷結シリーズ」も注目の「食中酒」とは!?

あなたはお酒を飲む時、どのようなシチュエーションを真っ先に想像しますか!? 私の …

クラフトビール
新商品サントリークラフトセレクト「ペールエール」「ヴァイツェン」「ゴールデンエール」を体当たり風味評価!華やかな香りに魅了される!

天然水で造るビールの「ザ・モルツ」「ザ・プレミアムモルツ」でお馴染みのサントリー …

209
神戸市灘地区のお酒造りが盛んなわけ!

日本酒、本格焼酎、ビール等「お酒造り」に欠かせないものの一つは「お水」の存在です …

166
飲酒18歳解禁に潜む危険性!そもそも20歳以上だった理由とは?

2015年8月31日、正直ビックリするようなニュースが流れました。 内容は以下の …