芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

薩摩酒造が導き出した芋焼酎業界の飛躍

      2015/06/26

先日記事にアップした薩摩焼酎ブランドの鹿児島県と霧島酒造の躍進が目覚ましい宮崎県の攻防は、これからも目を離せないと感じております。

というのも両県が切磋琢磨を繰り返しより良い芋焼酎が世に出回ることが、業界の活性化には欠かせないと感じるからです。

平成27年度は両県の芋焼酎出荷にめぐる攻防がより一層激しくなるのではないでしょうか。

私は白霧島に着目し過ぎて気づきませんでしたが、鹿児島県芋焼酎業界のトップ、薩摩酒造は宮崎県に待ったをかけるべく既に動き出していたのです。

今回は薩摩酒造についてフィーチャーしたいと思います。

薩摩酒造

薩摩酒造は1970年代後半の第一次焼酎ブームを追い風にし、以前は芋焼酎=薩摩白波というほど、圧倒的なシェアを誇っていました。

白波は「THE 芋焼酎」というイメージがあり、独特の芋らしさがあります。それが消費者のスタンダードとなっていました。

ブームを追い風にしたと言えども、後切れに残る芋の強い香りが苦手な方は、芋焼酎定着とまではいかなかったように思います。

とは言うものの「薩摩焼酎ブランド」を定着させてきたのは薩摩酒造であり、自然と薩摩酒造をお手本とした焼酎が鹿児島県の各蔵元から出てきたと言われています。

ここから20年余り芋焼酎のスタンダードは白波として全国で名を精通させてきました。

白波に一矢報いようとそれまでも数々の銘柄が世に送り出されています。しかしながら、薩摩白波が芋焼酎のスタンダードというのは変わりませんでした。

スポンサードリンク

芋らしさの限界

薩摩白波が芋焼酎のスタンダードであったため、芋焼酎愛飲家はコアなファンが多かったのでしょう。

お店に例えると「こだわりのおやじが営む赤ちょうちんの居酒屋」というイメージでしょうか!?

常連客は多いが、新たなお客さんはなかなか入りつらいといったところでしょうか!?

つまり、芋らしい芋焼酎は新たなファンが増えることに苦戦していたと思われます。

ここで芋焼酎業界に新たな風が吹きます。

次回、芋焼酎の常識を変えた黒霧島の登場。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

焼酎 ブログランキングへ

 - 焼酎業界の話題 , , , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

102042_1
「茜霧島」の次回発売日のお知らせ~数量限定発売の本当の理由とは!?

最近ネット上でも盛り上がりを見せ始めた「茜霧島」の次回発売日が決定しましたのでお …

20度と25度
アルコール度数20度と25度の本格焼酎がある理由とその違いについて詳しく!

大分、宮崎では一般的にアルコール度数20度製の本格焼酎が飲まれています。 アルコ …

yjimageTFZTRGB1
2015年の新酒が続々登場!「無ろ過」「粗ろ過」の芋焼酎が人気!

今年も「サツマイモ」シーズンが始まり、南九州各地で「芋焼酎仕込み」が最盛期を迎え …

714_kuroisanishiki-320x320
18Lの【黒伊佐錦】デカクロが当たるクロイサキャンペーンの詳細と魅力をご紹介!

元祖黒麹芋焼酎と言えば、【黒伊佐錦】でございます。 現在は、博多華丸さんのCMで …

3M
プレミア芋焼酎3M「森伊蔵」「魔王」「村尾」の定価を比較してみよう!プレミア価格になる要因とは!?

未だに人気衰えないプレミア芋焼酎3Mと言えば「森伊蔵」「魔王」「村尾」ですよね。 …

sakurajima
リニューアルした「白波」、「黒白波」に懸ける薩摩酒造の本当の思いとは?~後編~

この記事はリニューアルした「白波」、「黒白波」に懸ける薩摩酒造の本当の思いとは? …

プレモルヘッド
鮮度抜群!極上の「ザ・プレミアムモルツ」を試飲体験!話題の最上級ビールも登場

「ザ・プレミアムモルツ」が美味いはずの4つこだわり!~実体験記事~記事の続編です …

お知らせ
2016鹿児島県産薩摩焼酎・黒糖焼酎大試飲会in Fukuokaの開催

今回で第3回目となる「薩摩焼酎・黒糖焼酎大試飲会」が開催されます。 前回のイベン …

神の河ヘッド
薩摩酒造の本格麦焼酎「神の河」を飲んでこだわりのアイテムを貰おう!

2016年4月1日、本格芋焼酎「さつま白波」で有名な薩摩酒造より、キャンペーンが …

ランキング
2015年総括!芋好人が選ぶ芋焼酎ランキング!第9位⇒第6位

2016年、皆様あけましておめでとうございます。 昨年中は当ブログを閲覧頂きまし …