芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

本格焼酎の伸び悩み 打開策は!?

      2015/06/26

「いいちこ」「二階堂」の麦焼酎、「黒霧島」「白霧島」の芋焼酎を代表する本格焼酎業界は、平成20年まで順調に出荷石数を増やし、甲類焼酎や甲乙混和焼酎を含む焼酎業界を牽引してきました。

ところが平成20年以降出荷量の伸びは頭打ちとなり、マイナスへと移行しつつあります。詳細は以下の記事を参照してください。
本格焼酎の現状、出荷量から考察する

本格焼酎業界はこの現状をどのように捉え、どのような打開策を検討しているのでしょうか!?

本格焼酎業界の横綱「三和酒類」の取り組み

本格焼酎業界をここまで牽引してきたのは「いいちこ」の蔵元三和酒類です。

三和酒類の出荷量もここ数年減少し、ついには「黒霧島」の霧島酒造にトップの座を明け渡してしまいました。

三和酒類の和田久継社長は、2014年11月1日掲載の酒販ニュースの取材に本格焼酎業界の現状と今後の展望をこのように述べています。

「本格焼酎業界の市場は既に成熟しています。これから本格焼酎を成長させていくためには、本来本格焼酎が持っている良さ、魅力をどのように表現していくかになります。」

この言葉は、本格焼酎業界は粛々と良い焼酎を造り続けるしか道はないということです。同社は2014年8月に「麹プロジェクト」を始めました。

これは、改めて本格焼酎は麹文化によって造られたこと。そして焼酎は文化であるということ。

麹プロジェクトを敢行することによって、社内に改めてこの考えを浸透させることが目的だと言います。社内で以て焼酎の良さを原点から見直す。

そして納得した美味い焼酎を消費者に届けるということが、本来の焼酎の良さを伝える手段だということです。

恐らくこの考えは自社のみならず、本格焼酎製造に携わる全ての蔵に対してのメッセージだと考えられます。

いくら「いいちこ」の品質が向上しても、その他の本格焼酎の品質が本物でなければ、本格焼酎業界は上昇していかないからです。

それを三和酒類が唱えることにより、本格焼酎業界が改めて品質を再確認することになります。

スポンサードリンク

本格焼酎の進むべき道

しかしながら、いくらいいものを造っても消費者との接点がなければ始まりません。

和田社長は同時にこのようなことも述べられています。

「若い人が本格焼酎に触れてもらう機会を、試飲会や体験会などで増やしていかなければならない。若い人たちも本格焼酎に触れてもらえれば、必ず美味しいと言ってくれる。」

今まで本格焼酎を支えてくれた年代の方はだいぶ歳を召されているのです。

若い人たちに本格焼酎の良さを知ってもらうことは、これからの本格焼酎業界には必須な事項であると言えます。

本物を飲んでもらってファンになってもらう!これが最善の方法なのです。

現在、品質が悪い本格焼酎が造られているとは思いません。良い物を造っている蔵はいくらでもあると思います。

今後は業界が手を組んで、本格焼酎業界の発展の為に様々な催しを行っていく必要があるのではないかと思います。

もっと本格焼酎のことをたくさんの人に知ってもらう!そのためには、良いものを提供する。なぜなら一発勝負ですから。

一度飲んで、ダメだ!と思われたら、もう飲まないと思います。

私もこのサイトを通じて微力ながら、本格焼酎の魅力を伝えていけたらと思います。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

焼酎 ブログランキングへ

 - 焼酎業界の話題 , , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ランキング
2015年総括!芋好人が選ぶ芋焼酎ランキング!第5位⇒第1位

2015年、私が飲んで記事にさせて頂いた「芋焼酎」はなんと34銘柄! 2015年 …

麹プロジェクト
本格麦焼酎「いいちこ」でお馴染みの「三和酒類」が遂行する「麹プロジェクト」!新たなジャンルへの挑戦!

下町のナポレオン「いいちこ」でお馴染みの三和酒類が遂行する「麹プロジェクト」が地 …

20度と25度
アルコール度数20度と25度の本格焼酎がある理由とその違いについて詳しく!

大分、宮崎では一般的にアルコール度数20度製の本格焼酎が飲まれています。 アルコ …

2222
「甕雫」を代表に焼酎蔵が集まる町日南市

宮崎自動車道を最終地点まで走り抜け、更に南下を続けると海沿いの道が続きます。晴れ …

resize
芋焼酎の味に地域特徴がある3つの理由

芋焼酎をレビューしていく中で、薩摩焼酎や霧島酒造の「白霧島」「黒霧島」、日南市の …

OOK89_anatanono120131223500-thumb-662x500-3986
「茜霧島」は「赤霧島」の後継者 プレミア必至のそのわけは!?

1月25日追記 2018年春の茜霧島が出荷開始となりました。 Amazonでの販 …

さくら白波ヘッド
薩摩酒造が造る「さくら白波」の魅力に迫る~仕様編~

2011年3月に薩摩酒造より「さくら白波」という芋焼酎が、西日本限定で発売となり …

b-r02_0_b
酒類業界の発展に不可欠な近年の飲酒者志向!その3つの要素とは!?

一昔前はちゃぶ台に清酒の一升瓶を置いて、親父が酒を乱暴に飲む姿がありました。 こ …

pp_shikakuipost500-thumb-750x500-247
「白霧島」どしっとほわんとキャンペーンが始まります!

2015年4月5日追記 どしっとほわんとキャンペーンが始まりました。詳細は下のリ …

キャンペーンヘッド
霧島酒造から【100周年感謝キャンペーン】がスタート!魅惑の焼酎【百瑠璃】とは!?

2016年11月12日追記 2016年9月に始まった魅惑の焼酎【百瑠璃】が当たる …