芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

霧島のプレミアム「吉助白」と「白霧島」の比較

      2016/03/10


長く手掛けている仕事が片付いた時、給料を頂いた時など少し贅沢したい気持ちがあることってありますよね。

こういう時、少し贅沢なお酒を飲むことで至福な時間を味わえたら更に幸せな気持ちになれます。

今回は少し贅沢な霧島焼酎!「吉助白」と「白霧島」を比較していきたいと思います。

「吉助白」とはどんな焼酎

まずは下の表をご覧ください!
吉助白商品仕様

「白霧島」や「黒霧島」を造っている霧島酒造の全量芋焼酎の商品です。

注目すべき点は、南九州産コガネセンガンを一次原料に使っている「芋麹製」というところです。

一次原料は通常、麹菌を繁殖させやすい「米」を使用するのが定石ですが、「吉助白」は、一次原料からコガネセンガンを使用しています。

ですので、焼酎造りに使われる原料は、「芋」「水」「種麹」「酵母」ということになります。

主原料は「芋」だけになりますので、「全量芋焼酎」と言われているのです。「白霧島」との違いは恐らく、この「麹の造り方」だけだと推測されます。

米で麹を造るより技術が必要とされる芋麹ですが、それだけ手間暇かけて造られた「吉助白」ですので、金額も高く設定されているようです。

霧島酒造も「霧島のプレミアム」として少し贅沢なお酒として販売しているようです。

ビールで言えば、「モルツ」が「白霧島」、「プレミアムモルツ」が「吉助白」といったところでしょうか!?

それでは官能評価レビューに参りたいと思います。

飲み方

「吉助白」は25度製ですので、白霧島は25度製を準備しました。飲み方はロックです。

官能評価

吉助表価

スポンサードリンク

香り

早速、「吉助白」の香りを嗅ぎます。「白霧島」の華やかな香りとは違って、フワーッと甘いサツマイモの香りが漂います。比較的落ち着いた香りだと感じることが出来ました。

味わい

「吉助白」を口に含んで堪能します。最初は香り同様に甘さを感じますが、直ぐにドシッと強烈なサツマイモを感じます。表現が適切かは判りませんが、「濃い芋焼酎」というイメージです。

ふくよかさを十分に感じることができます。

甘辛度

「白霧島」ほどの甘さは感じません。ですが、最初の香りの甘さと口に入れた瞬間の甘さが生きていますので、辛いとまでは感じませんでした。

後切れ

後味は程よく残るサツマイモの香りがあります。「白霧島」ほどスッキリとはいきませんが、嫌な残り方はしないですね。

芋らしさ

「芋麹製」のパワーを存分に感じることが出来ました。「The芋」「濃い芋焼酎」といったイメージです。
飲んだ瞬間、目が覚めるような一発を食らった感覚になりました。

まとめ

「吉助白」と「白霧島」は麹の造り方が違うだけで、こんなにも味が異なるのかとびっくりしました。

やはり「米」を一切使用していないためか、スッキリと言うよりはドシッと「サツマイモ」の「芋焼酎」です。

個人的には好きな部類に入りますが、間違いなく初心者には重たい「芋焼酎」だと思います。

「芋焼酎」愛飲家の方が少し贅沢するときに飲む「芋焼酎」としては最適なものだと思います。

割烹料理やお寿司など少し高級なお食事と共に頂くのにぴったりではないかと思います。
002hassun

「吉助白」の御購入は安心安全、通販楽々のアマゾンはこちらからどうぞ!

「吉助白」数量限定最安値!楽天での購入はこちらからどうぞ!
今月の拡売商品お試しください。1700 円⇒1250円霧島酒造独自の技術で芋から麹を造った焼酎【限…

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします!

 - 芋焼酎評価 , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

甕伊佐錦ヘッド
「黒伊佐錦」の最高峰「甕伊佐錦」と「黒霧島」を比較!

鹿児島県伊佐市の大口酒造で造られる「黒伊佐錦」は、黒麹製芋焼酎のパイオニアとも言 …

なかむらヘッド
中村酒造場の手造り焼酎「なかむら」と「白霧島」を比較・評価!

焼酎造りは「1麹2酛3仕込」と言われます。 1番大切なのは「麹造り」。麹の出来で …

甕仙人
石蔵造りの麹室!中村酒造場が造る銘酒「玉露甕仙人」と「白霧島」を徹底比較評価!

鹿児島県霧島市の国分平野にある田園地帯に「中村酒造場」があります。 「中村酒造場 …

伊佐大泉ヘッド
名地で生み出される2015年新酒「伊佐大泉」と「白霧島」を比較

2015年の新酒が続々登場!「無ろ過」「粗ろ過」の芋焼酎が人気!の記事でもご紹介 …

赤兎馬ヘッド
今までの香りと全く違う芋焼酎「赤兎馬」と「白霧島」を評価・比較!

久しぶりに新しい銘柄を飲みましたので、ご紹介しますね。 今回頂いた銘柄は「赤兎馬 …

714_kuroisanishiki-320x320
黒麹ブームの先駆者「黒伊佐錦」と「黒霧島」を比較

実は黒霧島よりも前に注目を浴びていた黒麹製の焼酎があったことをご存じでしょうか! …

さくら白波ヘッド
薩摩酒造が造る「さくら白波」の魅力に迫る~風味編~

薩摩酒造が造る「さくら白波」の魅力に迫る~仕様編~の記事では、私の「さくら白波」 …

jrk-shoji_j04z01
天孫降臨の芋焼酎「逢初」と「白霧島」を徹底比較

宮崎県西都市の三納地区に「正春酒造」という本格焼酎を造る会社があります。 「正春 …

グラフィックス111111
新旧プレミア対決 赤霧島と茜霧島を徹底比較~風味編~

「赤霧島」と「茜霧島」の風味はどのような違いがあるのでしょうか!?原料などの仕様 …

617
おすすめの芋臭い芋焼酎をピックアップ。実は芋臭い芋焼酎なんて存在しない!その真相とは!?

芋焼酎を飲み慣れてくると、芋感が強い芋焼酎が欲しくなりますよね。 「芋感が強い芋 …