芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

屋久島の銘酒「三岳」と「白霧島」を飲み比べ!

      2016/03/10


芋焼酎通の方では数年前に話題になった「三岳」をご存じでしょうか!?

この「三岳」という芋焼酎は、現在でも人気が高く定価で販売していないお店が多いぐらいです。

3年前に私の実家近くの酒屋さんでこの「三岳」を見つけて飲んで以来、「三岳」にはハマっています。

帰省すると、必ずといっていい程酒屋さんによって購入して帰ります。

今回もゴールデンウイークで帰省し、いつものように「三岳」を購入して帰りましたので、早速そのレビューに参りたいと思います。

「三岳」とはどんな焼酎

まずは下の表をご覧ください!
グラフィックス2

「三岳」は屋久杉で有名や鹿児島県の屋久島で造られています。屋久島はご存知のように自然が多く「屋久島縄文水」と言われるミネラルウォーターが販売されるほど水がきれいなところです。

「三岳」はもちろん、樹齢数千年杉の原生林で濾過された名水を焼酎の仕込み水に用いています。「焼酎の名所にきれいな水あり」とはよく言われたもので、「白霧島」も「霧島裂罅水」という名水を使用しています。

「三岳」の特徴的な点は、麹米に「タイ米」を使用しているところです。

少し南に行くと、泡盛で有名な沖縄県があります。泡盛は「タイ米」を使用して造られますので、その影響もあるのではないかと思います。

焼酎の麹米にタイ米を使用したい2つの理由でもご紹介したように、「タイ米」は焼酎麹を造る上で適したお米です。

「タイ米」の特徴も感じながら「三岳」を頂きましたので、早速官能評価レビューに参りたいと思います。

官能評価

三岳評価

スポンサードリンク

飲み方

「三岳」は25度製ですので、白霧島は25度製を準備しました。飲み方はロックです。

香り

早速「三岳」の香りを嗅ぎます。「白霧島」の華やかな香りとは違って、重厚なサツマイモの香りを感じることができます。落ち着いた穏やかな香りです。

栓を開けた瞬間に屋久島の木々が生い茂る風景が思い浮かびます。

味わい

「三岳」を口に含んで堪能します。「三岳」を飲むと何処か懐かしい気持ちになります。と言うのは恐らく「タイ米」が造り出す味わいではないか!?と思います。

以前は「白霧島」も「タイ米」を使用していたわけです。「白霧島」の軽やかな味わいよりも、リニューアル以前の「霧島」に近い味わいです。

甘辛度

「三岳」は「白霧島」のような甘さではありませんが、サツマイモの甘さがあります。

「白霧島」は終始甘さを感じますが、「三岳」は最後の方にほのかに甘さが残るイメージです。

後切れ

「三岳」の後味は「白霧島」ほどスッキリとはいきませんが、程よく残るサツマイモの香りがあります。「黒霧島」の後味に近いです。

芋らしさ

「三岳」は芋らしい焼酎だと感じます。水がいい仕事をしているのか「サツマイモ」の良さ(甘み)が素直に表現されている味わいだと思います。

薩摩焼酎特有のズドン!とくる「サツマイモ」の匂いとは少し異なります。無論、「白霧島」よりも断然芋らしさが高いです。

まとめ

「三岳」と「白霧島」は同じ白麹を使いながらも、全く異なる味わいです。

その要因は、「仕込み水の違い」「タイ米と国産米の違い」「使用酵母の違い」になってくるのではないでしょうか!?

「三岳」は屋久島の芋焼酎ですので、鹿児島の協会系酵母を使用しているでしょう。

「三岳」はどこか懐かしい芋焼酎の味を感じます。芋焼酎を始めて、次の銘柄に挑戦しようという中級者の方にちょうど良い芋焼酎ではないでしょうか!?

今回飲み比べに使用した「三岳」はこちらからご覧いただけます!

「三岳」最安値!楽天での購入はこちらからどうぞ!
【送料無料】三岳一升瓶はリサイクル瓶を使用している為、稀に擦り傷等が付いている場合があり…

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします!

 - 芋焼酎評価 , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Comment

  1. 服部八代子 より:

    シェアしようと思いましたが、SNSシェアボタンがありません。

  2. 芋好人 芋好人 より:

    服部さん
    コメントありがとうございます(^^)
    シェアボタン上手く表示出来ない時があるようです。申し訳ありません。調整致します。
    お気持ちとても嬉しく思います。
    今後ともよろしくお願いします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

eat_label_kuroshiranami
リニューアルした「黒白波」と「黒霧島」を徹底比較

鹿児島県は芋焼酎大国であり、鹿児島を牽引し続けた薩摩酒造。薩摩焼酎ブランドの威信 …

20120209161707_img1_5
ライバル対決第2弾!「日向木挽黒」と「黒霧島」を比較する!

「日向木挽」に引き続き「日向木挽黒」のレビューを行いました。 「日向木挽き」のレ …

不二才ヘッド1
「薩摩の薩摩」が生み出す芋焼酎「不二才」と「白霧島」を比較!

「不二才」と書いて「ぶにせ」と呼ぶ本格芋焼酎があります。 「不二才」は、鹿児島県 …

0a27f3cc
銘酒「富乃宝山」と「白霧島」を比較!

芋焼酎ブームで一世を風靡した「富乃宝山」という芋焼酎をご存じでしょうか!?今回は …

20140815_1241138
白霧島と同時発売の茜霧島を徹底検証

白鵬もオススメする白霧島が発売された2015年1月21日。霧島酒造の新しいプレミ …

赤兎馬ヘッド
今までの香りと全く違う芋焼酎「赤兎馬」と「白霧島」を評価・比較!

久しぶりに新しい銘柄を飲みましたので、ご紹介しますね。 今回頂いた銘柄は「赤兎馬 …

伊佐美ヘッド
2016年第一弾!元祖プレミア焼酎「伊佐美」と「黒霧島」を比較!

プレミア焼酎先駆者とも言われた「伊佐美」という芋焼酎をご存知でしょうか!? 20 …

グラフィックス111111
新旧プレミア対決 赤霧島と茜霧島を徹底比較~風味編~

「赤霧島」と「茜霧島」の風味はどのような違いがあるのでしょうか!?原料などの仕様 …

蔓無源氏ヘッド
幻の芋で造る芋焼酎「蔓無源氏」と「黒霧島」を比較!

「蔓無源氏」と書いて「つるなしげんぢ」と読みます。 この「蔓無源氏」とは、サツマ …

なかむらヘッド
中村酒造場の手造り焼酎「なかむら」と「白霧島」を比較・評価!

焼酎造りは「1麹2酛3仕込」と言われます。 1番大切なのは「麹造り」。麹の出来で …