芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

名地で生み出される2015年新酒「伊佐大泉」と「白霧島」を比較

      2016/03/10


2015年の新酒が続々登場!「無ろ過」「粗ろ過」の芋焼酎が人気!の記事でもご紹介しました「伊佐大泉」をついに頂きました。

「伊佐大泉」は、鹿児島県伊佐市に会社を置く「大山酒造」で造られている芋焼酎です。

美味しい焼酎を造るためには「美味しい水」が必須なわけですが、鹿児島県伊佐市は水郷の盆地として豊富な「地下伏流水」地帯です。

そういった理由もあって鹿児島県伊佐市では「黒伊佐錦」で有名な「大口酒造」やプレミア焼酎「伊佐美」の「甲斐商店」など、有名蔵が集まる町になっています。

「大山酒造」は、今では数少ない「一蔵一銘柄」の会社で、「伊佐大泉」という本格芋焼酎しか製造しておりません。

2013年春季全国酒類コンクールの全焼酎部門で 特賞1位を獲得した実績も持っています。

魅力あふれる芋焼酎「伊佐大泉」ですが、今回は限定3000本で発売された「新焼酎」を頂くことができました。
伊佐大仙写真

まずは仕様からみていきたいと思います。

「伊佐大泉」の商品仕様

伊佐大泉仕様
最も力が入っているのが、手造りでの麹造りです。河内源一郎商店の「河内白麹」を種麹として用いており、「タイ産米」を麹米として使用しています。

また鹿児島県協会酵母である「鹿児島2号酵母」を使用しています。ここまで情報を開示している蔵は珍しいです。

一升瓶で1,852円はかなりコストパフォーマンスが高い手造り芋焼酎です。

それではいよいよ「伊佐大泉」の官能評価です。

官能評価

伊佐大泉評価

スポンサードリンク

飲み方

「伊佐大泉」はアルコール度数25度ですので、25度製白霧島と比較します。飲み方はお馴染みのロックです。

香り

「伊佐大泉」の栓を開けて香りを堪能します。新酒ということもあり、ガス臭がかなり強いことを予想していたのですが、全くそういうことはありません。

穏やかなサツマイモの香りです。

「白霧島」と「伊佐大泉」は同じ白麹製の麹ですが、「平成宮崎酵母」と「鹿児島2号酵母」の酵母が異なります。

華やかな香りを演出する「平成宮崎酵母」とサツマイモの香りをそのまま引き出す「鹿児島2号酵母」なのか!?と感じます。

 

味わい

「伊佐大泉」を口に含み堪能します。

新酒特有の脂肪酸の風味が口の中に広がります。刺々しくかなりサツマイモの癖が強い味わいです。

うーん。この風味は好みが別れるだろう!と率直に感じました。

ふくよかさも感じるのですが、新酒であり濾過も粗いためか、様々な風味が混在しています。

「白霧島」はスッキリした雑味が少ない味わいですので、「白霧島」とは全く異なる味わい

甘辛度

今回飲んだ「伊佐大泉」が新酒だったこともあって、かなり「辛い」と感じました。

「白霧島」のような甘みがある芋焼酎が好みの方には合わないと思います。辛い風味の「木挽ブルー」を思い出しました。

以前「霧島」(白霧島の前身)が「タイ産米」から「国産米」に切り替わった際、焼酎の風味が甘くなったのを覚えていますが、甘みの違いは「麹米」の違いもあるのかもしれません。

後切れ

「伊佐大泉」を飲み切った後には、しっかりとサツマイモの残味が残ります。

「薩摩焼酎」特有の癖が強い残味が残ります。更に新酒特有の脂肪酸や粗い風味が加えて残ります。

芋らしさ

サツマイモの風味は存分に感じられる味わいです。

「伊佐大泉」は「白霧島」より断然芋らしい芋焼酎です。

正直、薩摩焼酎はこれぐらいインパクトがあったほうが良いとも思いますね。

まとめ

「伊佐大泉」を飲んだ翌日にこのレビューを書いていますが、他の芋焼酎に比べて翌日に残りやすいと感じます。

これは「伊佐大泉」だからと言うわけでは無くて「新酒」「粗濾過」が要因だと思います。

次回は、新酒ではない通常品の「伊佐大泉」を飲んでみたいと思います。

今年は「無濾過」「粗濾過」などの焼酎が人気がありますが、私は得意ではないですね。

私としては、芋焼酎はしっかりと貯酒して、「まるみ」を向上して「荒々しさ」を落とした風味が好みのようです。

この「伊佐大泉」。芋の風味が豊かなガッツリの「薩摩焼酎」です。「芋くさーい焼酎」が飲みたい方はオススメですよ。

今回飲み比べに使用した芋焼酎「伊佐大泉」はこちらです。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いしますm(__)m

 - 芋焼酎評価 , , , , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Comment

  1. 大山大我 より:

    ユーは、霧島酒造さんの社員さんでしょうか?

  2. 芋好人 芋好人 より:

    大山大我さん
    コメントありがとうございます!
    霧島酒造さんの社員に憧れはありますが、残念ながらただの「霧島焼酎マニア」でございます。

    もしかして貴方は「大山酒造」の大山さんですか!?そうであれば、大興奮です!!!!

  3. つぎろう より:

    自分は伊佐大泉が1番好きで毎日飲んでます。
    自分は何でも生で飲みます。
    伊佐大泉、フルーティーな香りから始まり飲み慣れると甘いです。
    近所のスーパーで手に入らない時は代替え品で白波を飲んでますが、幾分か芋の香りと甘みが足りない気がしてちょっと物足りない感じです。

    伊佐大泉本当に大好きです。

  4. 芋好人 芋好人 より:

    つぎろうさん
    コメントありがとうございます(^^)
    つぎろうさんは伊佐大泉が大好きなんですね!
    私は新酒の粗ろ過のものを飲んだので、フーゼル油臭が気になりました。ですが、飲んでいるうちにクセになっていく感じがして、あっという間に飲み干してしまいました(^_^;)
    通常品の伊佐大泉を探しているところです。
    つぎろうさんは、かなり芋焼酎通な方だと感じますが、芋焼酎歴も長いんでしょうね(^^)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

617
夜長の秋にゆっくり「本格芋焼酎」を嗜むための評価方法を紹介します!

あんなに暑かった夏も終わり、すっかり涼しくなりました。 夜長の秋が始まり、落ち着 …

eat_label_kuroshiranami
リニューアルした「黒白波」と「黒霧島」を徹底比較

鹿児島県は芋焼酎大国であり、鹿児島を牽引し続けた薩摩酒造。薩摩焼酎ブランドの威信 …

img55599795
「ゴールドラベル霧島」と「白霧島」を比較

「ゴールドラベル霧島」をご存知でしょうか!?金霧島ではありません。新発売された「 …

嫋
女性杜氏が造る繊細な風味「嫋なり古酒」と「白霧島」を比較!

宮崎県日南市に明治25年創業の古澤醸造という小さい焼酎蔵があります。 古澤醸造の …

なかむらヘッド
中村酒造場の手造り焼酎「なかむら」と「白霧島」を比較・評価!

焼酎造りは「1麹2酛3仕込」と言われます。 1番大切なのは「麹造り」。麹の出来で …

kpob
魅惑の新商品「日向木挽BLUE」と「白霧島」の比較

2015年度もついに始動しました。「白鵬の白霧島」も定着しつつありますが、霧島酒 …

617
おすすめの芋臭い芋焼酎をピックアップ。実は芋臭い芋焼酎なんて存在しない!その真相とは!?

芋焼酎を飲み慣れてくると、芋感が強い芋焼酎が欲しくなりますよね。 「芋感が強い芋 …

kitisuke
霧島のプレミアム「吉助白」と「白霧島」の比較

長く手掛けている仕事が片付いた時、給料を頂いた時など少し贅沢したい気持ちがあるこ …

kobikilabl
ライバル対決!?「日向木挽」と「白霧島」を飲み比べ

雲海酒造が販売する芋焼酎「日向木挽」を御存じでしょうか!?雲海酒造と言えば「そば …

pro_pic_2_1276837580
リニューアル後「白波」と「白霧島」の真剣比較

ずっと気になっていました。2月にリニューアルした元祖芋焼酎「さつま白波」を飲みま …