芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

お酒買取の無料査定に挑戦!「赤霧島」の驚きの査定額は!?高額での買取価格になるのか!?

      2016/03/10


インターネットを利用して本格焼酎の販売価格調査をしていると、「お酒を買取販売業者」を発見しました。



いつも、本格焼酎を購入することばかり頭にありましたが、「お酒買取販売業者」があることは正直、目からうろこでした。

しかしですね。お酒を販売するには「酒販免許」というのが必要になります。

ですので、例えば「酒販免許」を持っていない私が「お酒買取販売業者」に対して、お酒を買い取ってもらうのは違法ではないのか!?

という話になりませんかね?

スポンサードリンク

そこで国税庁のHPで調べていると、類似質問事項を見つけましたので、少し引用しますね。

「インターネットオークションに酒類を出品したいと思いますが、この場合に酒類販売業免許は必要ですか。」

A 酒類の販売業をしようとする場合には、酒税法に基づき、販売場ごとにその販売場の所在地の所轄税務署長から販売業免許を受ける必要があります。
したがって、インターネットオークションのような形態であっても、継続して酒類を出品し販売を行う場合には酒類の販売業に該当し、販売業免許が必要となります。
ただし、例えば、ご自身の飲用目的で購入した又は他者から受贈されたなどの酒類のうち、家庭で不要になった酒類をインターネットオークションに出品するような通常継続的な酒類の販売に該当しない場合には、販売業免許は必要ありません。
これは、ガレージショップや学校のバザーなどに酒類を出品する場合も基本的には同じです。

ということです。

ポイントは以下の通り。

・お酒を販売するには基本的には酒類販売免許が必要になる。

自分の飲用目的、受贈したお酒のうち家庭で不要になったお酒をネットオークションで販売するは、販売免許は必要ない。

個人で購入したものや、余ったお酒を処分する為にオークションや買取業者を使うのは違法ではないということですね。

正直グレーな部分でしょうね。しかし、オークションでも結構な本数のお酒が販売されていますから、転売目的の方が居るのは事実でしょう。

「お酒買取販売業者」のHPを覗いていると、オンラインで無料査定が出来るということでしたので、興味本位で試してみることに。
HPはこちら⇒お酒買取専門店ファイブニーズ

1本赤霧島の1升瓶が飲まずに残っているので、「赤霧島1升瓶」の査定をして頂きました。

赤霧島1升瓶!オンライン無料査定に挑戦

今回利用したサイトはこちらです。


ここで、オンライン査定を選択します。

記入必須事項は以下の通りです。

「名前」「メールアドレス」「郵便番号」「電話番号」「お酒の銘柄」

24時間受け付けが可能なようです。すると先方から、受付完了のメールが届きます。

そして改めてバイヤーから、約束通りの24時間以内に仮審査としてのメールが届きました。
赤霧島1升瓶衝撃の価格は

1,500円

でした。定価よりも安いようですね。

1,500円の金額も(製造年月日から1年以内)ということでして、1年以上経っていると1,000円になるとのことでした。

どうやら焼酎に関しては、新物の方の価値が高いようですね。焼酎ファンとしては少し腑に落ちないところです。

赤霧島は販売量も落ち着いてきて価値も下がってきたのでしょうね。

他のジャンルのお酒や焼酎銘柄やに関しては定価以上で購入するものもあるみたいですね。

お持ちのお酒で飲む予定が無い物や、換金したいものがあれば、査定だけでもしてみる価値はあるのではないでしょうか!?

査定はもちろん無料ですし、査定してもらったからといって、無理やり買い付けに来ることはなさそうです。

赤霧島以外は査定しておりませんので、他の銘柄が気になるところですね。

買取に関しても「宅配買取」「店頭買取」「出張買取」等、選択できるようですね。



重いお酒を運ぶ手間も省けるので、「出張買取」なんかはありがたいサービスですね。もちろん地区に限りはあるようです。

お酒買取サービスを使うぐらいならば、芋好人にあげるよ!って方がいれば、喜んでもらいますよ(笑)

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!


人気ブログランキングへ

記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いしますm(__)m

 - 赤霧島, 酒類業界の話題 , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Comment

  1. より:

    こんばんは。

    お酒を買い取ってもらうシステムがあるなんて、知りませんでした!

    うちにずーーーっと眠っている梅酒があるので、ちょっと出してみたくなりました(笑)

    お酒の好みが変わると、ストックしていたものに手をつけなくなってしまうので…。

  2. 芋好人 芋好人 より:

    玲さん
    こんばんは(^^)コメントありがとうございますm(__)m
    お酒を買い取るシステムは他にも在るみたいですよ!査定は無料らしいので、やってみるだけでも価値ありかもです!新しいお酒を買う資金に良いかもですね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

f0145103_139843
「赤霧島」が人気焼酎になった3つの理由と本格芋焼酎界にもたらした2つの功績

このところ「茜霧島」の人気が上昇しており「赤霧島」の人気も落ち着いてきました。 …

TAN_aozametadansei500_TP_V
巷で人気の「ちょい飲み」その落とし穴とは!

1日仕事に追われて、帰ったら奥様や子供達の相手が待っているサラリーマンのお父さん …

GREEN_MO20140125500-thumb-750x500-4149
徹底調査!!どこでどんなお酒が売れているの!?酒税法改正案の是非を問う!!

酒類の過剰な廉売を規制する酒税法改正案が国民の間で波紋を呼んでいます。この度、国 …

sappor@urasu
特定保健用食品(トクホ)と機能性表示食品の違い

つい先日、サッポロビールが5月26日から発売する特定保健用食品のノンアルビール「 …

クラフトビール
新商品サントリークラフトセレクト「ペールエール」「ヴァイツェン」「ゴールデンエール」を体当たり風味評価!華やかな香りに魅了される!

天然水で造るビールの「ザ・モルツ」「ザ・プレミアムモルツ」でお馴染みのサントリー …

natu
「夏限定焼酎」が続々登場!その人気の理由とは!?

鹿児島県を中心とする南九州酒販や本坊商店等の卸店から、続々と「夏限定芋焼酎」の発 …

OZPA88_tetuzankou20130707171010500-thumb-815xauto-5807
酎ハイ増税を好機と捉えるその業界とは!?

酎ハイ増税のニュースでお酒ファンは再び落胆の声を上げることとなりました。ニュース …

ウイスキーボトル
国産ウイスキーが大ヒットの兆候!国内ではハイボールブーム!輸出需要も急上昇!

国産ウイスキーが着々とかつての栄光を取り戻す動きをしています。 1980年代に盛 …

003
「氷結」新商品が販売停止のそのわけは!?この決断は正しいのか!?

前回、キリン氷結シリーズの記事を書いて、キリンの飽くなき挑戦に感銘を受けていたの …

ゴクゴク
あなたは行きましたか!?暑い夏の定番【ビアガーデン】人気の実態を調査!

梅雨も明けて、早朝からセミの声で目が覚めますね。 毎年夏は暑い!と感じますが、今 …