芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

おすすめの芋臭い芋焼酎をピックアップ。実は芋臭い芋焼酎なんて存在しない!その真相とは!?

   

617
芋焼酎を飲み慣れてくると、芋感が強い芋焼酎が欲しくなりますよね。

「芋感が強い芋焼酎」と表現しましたが、一般的には「芋臭い芋焼酎」と呼ばれていると思います。

芋臭い芋焼酎は存在しない!?

スポンサードリンク


本来「芋臭い」という言葉は昭和の時代、その独特な芋の香りが苦手だと感じた方が使った表現だと言われています。

木桶での仕込みや蒸留が主流だった当時、その器の洗浄には苦労していたと言われています。

その器の洗浄不足による雑菌の汚染によって独特の芋臭さが付いたとされています。

近年では甕やステンレスタンクを採用する蔵が多く、木桶に比べて洗浄が随分しやすくなっていますね。

また当時は原料甘藷を栽培する技術も発展途上で、サツマイモも病気や虫食いによる影響も受けやすかったのです。

サツマイモは「こくはん病」を代表として、焼酎の風味に不快を与える香りを付与する病気もあり、その影響もあったのでしょう。

サツマイモの栽培技術の向上、造り手側のサツマイモ病気に対する研究も進んでいます。
imosen

それに加えて近年の芋焼酎造りは「サツマイモの選別」を徹底している蔵が多いようですね。

ですので、昭和当時のような「芋臭い芋焼酎」というのは、現在はほとんど無いということになりますね。

題名にもある「芋臭い芋焼酎」と言うよりは「サツマイモ芋感が強い芋焼酎」をご紹介したいと思いますね。

佐藤黒


「佐藤黒」を5年ほど前に一度だけ飲んだことがあるのですが・・・

そのパンチ力は未だに忘れることはありません。

芋を強く主張する香りと、黒麹らしい濃厚な風味とトロットした口当たりが特徴ですね。

ただただ定価で販売されているお店はほとんどないでしょうね(涙)

萬膳


鹿児島の山奥の小さな蔵で造られる芋焼酎「萬膳」。

飲んだ瞬間、懐かしい香りとそのサツマイモの特性をふんだんに生かした風味が特徴的です。

当ブログでもハワイの芋焼酎「浪花」の原点!万膳酒造が造る「萬膳」と「黒霧島」を比較でレビューしていますよ。

かつては「魔王」「森伊蔵」「村尾」と並んで「萬膳」を含めてプレミア焼酎4Mと呼ばれていましたね。

現在では、「萬膳」も幾分手に入りやすくなったものです。

さつま白波


やはり「さつま白波」なくして芋焼酎は語れませんよね。

元祖「芋感が強い芋焼酎」こそが「さつま白波」ですね。

「さつま白波」は、1昨年に「黒白波」と共にリニューアルしました。その際のコンセプトが面白いんですよ。

「深化するさつま白波」と「進化する黒白波」なんですね。

つまり、「さつま白波」はベースを変えずに更に味わい深く磨きをかけているのです。

一方で「黒白波」は、現在の嗜好に近づいて飲みやすくなりました。

更に深化して「芋感が強くなったさつま白波」も楽しんでみて欲しいですね。

八重桜

明治25年に創業した宮崎県日南市の古沢醸造で造られる芋焼酎「八重桜」です。

代々受け継がれた芋焼酎造りを創業当時と変わらぬままの製法で造り続けています。

県内唯一の土蔵、甕仕込みにて造られていて、「製法」「環境」共にかつてのままなんですね。

となると、「八重桜」は今も変わらず、サツマイモの特徴を凝縮した風味の懐かしい芋焼酎として親しまれています。

芋感の強い芋焼酎でだれやめを

図2222222
いかがでしたでしょうか!?

芋焼酎が大好きな方は次第に「芋感が強い芋焼酎」を欲しくなりますよね。ちょっとした中毒みたいなものです(汗)

好きな銘柄を飲み続けるのも良いですが、様々な銘柄に挑戦して、さらに自分好みの芋焼酎を探すのも楽しいものです。

最近、私も新たな銘柄飲んでないですね。また新たな銘柄に挑戦して、ご紹介しますね!

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

人気ブログランキングへ
記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願いします。

 - 焼酎業界の話題, 芋焼酎評価 , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Comment

  1. 日増し油 より:

    今年の雲海綾蔵限定販売の新商品「紅薩摩」だったかな?
    香りのみならず、口の中に広がる生のさつま芋を齧ったくらいの芋味と燃えるような辛口は
    重篤な中毒者にはぜひ、チャレンジしてもらいたいな

  2. 芋好人 芋好人 より:

    日増し油さん
    メッセージありがとうございます。
    「紅薩摩」ぜひ飲んでみたいと思います。
    芋焼酎中毒者にはもってこいの味わいなのですね。楽しみです♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

20140815_1241138
白霧島と同時発売の茜霧島を徹底検証

白鵬もオススメする白霧島が発売された2015年1月21日。霧島酒造の新しいプレミ …

グラフィックス1
「焼き芋焼酎」と「芋焼酎」の違い~風味編~

「焼き芋焼酎」と「芋焼酎」の違い~製法編~の記事で述べましたように、「焼き芋焼酎 …

f0145103_139843
2015年秋「赤霧島」の発売日が決定しました!

2015年10月23日追記⇒「赤霧島」の販売が開始となりました。 「赤霧島」が定 …

図2222222
焼酎お湯割りの魅力

本格焼酎は様々な飲み方で味を楽しむことができます。皆様におかれましては、どのよう …

MAX87_uewoyubisasuha-hu20140531500-thumb-815xauto-4972
誰でも出来る「黒霧島」を美味しく飲むちょっとした工夫とは!?

「黒霧島」は今日も全国の食卓や居酒屋さんで活躍していることと思います。今や「黒霧 …

グラフィックス111111
新旧プレミア対決 赤霧島と茜霧島を徹底比較~風味編~

「赤霧島」と「茜霧島」の風味はどのような違いがあるのでしょうか!?原料などの仕様 …

薩摩茶屋ヘッド
プレミア芋焼酎3Mの一角「村尾」の蔵元が造る「薩摩茶屋」と「黒霧島」を比較!

「茜霧島」フィーバーも落ち着いたところで、久しぶりに飲み比べ記事いきます! 今回 …

赤兎馬ヘッド
今までの香りと全く違う芋焼酎「赤兎馬」と「白霧島」を評価・比較!

久しぶりに新しい銘柄を飲みましたので、ご紹介しますね。 今回頂いた銘柄は「赤兎馬 …

1006_mitake-320x320
屋久島の銘酒「三岳」と「白霧島」を飲み比べ!

芋焼酎通の方では数年前に話題になった「三岳」をご存じでしょうか!? この「三岳」 …

%e6%a3%ae%e4%bc%8a%e8%94%b5%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89
本格焼酎の日に特別な芋焼酎【森伊蔵】を飲みました!

先日11月1日は、本格焼酎・泡盛の日でしたね。 東京有楽町、羽田空港など各地でイ …