芋焼酎白霧島ライフ&ちょっと気になるお酒の情報

「白霧島」の風味を軸とした芋焼酎評価とちょっと気になるお酒の情報をフォーカス!

*

甲乙混和焼酎の現状、そして伸び悩むわけ

      2015/07/28

甲乙混和焼酎の代表的な銘柄は次の通りです。

アサヒ→麦かのか、黒かのか、芋かのか、米かのか

サッポロ→こいむぎ、こくいも

サントリー→むぎのか、はないも

キリン→風の麦、火の麦、火唐

このような甲乙混和焼酎が各大手酒類メーカーより発売されています。御存じの銘柄があったでしょうか!?

甲乙混和焼酎は前述の通り、甲類焼酎の比率が高くなっており、残りの比率を乙類(本格)焼酎によって、各原料由来の味付けを行っていることになります。その比率は各メーカーとも様々です。

焼酎の出荷状況

少しデータは古くなりますが2011年の焼酎出荷量は、甲類焼酎31.5万KL、乙類(本格)焼酎50万KL、甲乙混和焼酎7.3万KLとなっています。割合で見ると 下の図のようになります。

図2

スポンサードリンク

2003年以降、乙類(本格)焼酎が甲類焼酎の出荷量を追い抜きました。焼酎の出荷割合は6割弱が乙類焼酎が占めています。それに対して、甲乙混和焼酎は1割にも満たない状況です。

2014年において、甲乙混和焼酎は10万KL弱と2011年よりは出荷量が上昇していますが、前年並みの実績となり頭打ちになっているようです。

銘柄別に見るとアサヒのかのか、サッポロのこくいもが売り上げが伸びています。(日刊醸造産業速報調べ)

なぜ甲乙混和焼酎は、劇的な飛躍をしないのでしょうか!?

消費者の本物志向

現在ビール業界においては、税金が高いことを理由に第3のビール【クリアアサヒ、金麦、のどごし、麦とホップ】などが主流となっています。

家で飲む場合、とりあえず一杯目はビールという方が多く、財布に優しい第3のビールでも十分だという意見が多いのではないでしょうか!?

本物のビールはたまに外食した時や、職場の飲み会ぐらいで飲めばOKということでしょう。

一方で、焼酎に対する考え方は違うようです。都心の方では、焼酎はちびちびと味わいながら飲みたい!といった意見が多く、がぶ飲みするようなイメージはないのです。

ですから味わい深い焼酎を飲みたいと思うのでしょう。

やはり本格焼酎を甲類焼酎で割った物を飲むよりは、純粋に田舎の蔵で出来あがった風土の香りの詰った焼酎を飲みたいという方が多いのです。

お父さんのちょっとした贅沢だと思ったら良いでしょう。ウイスキー等を飲むイメージと近いのではないでしょうか!?

焼酎業界における本格焼酎は、言ってみれば本物の焼酎だというイメージです。

伝統的な文化として培われた製法を今日まで引継ぎ、そして現代人にあった飲みやすさを追求して造り上げられています。

「ブランド化」された「薩摩焼酎」や「黒霧島」「白霧島」といった銘柄のみならず、九州各地の蔵で造られる本格焼酎を今後とも大切に飲んでいきたいと感じます。

甲乙混和焼酎が飲み悩むわけというのは「消費者の本物志向」から来るものでしょう。

ブログランキングに参加中。応援をお願いします!!

焼酎 ブログランキングへ

記事が参考になったと思われる方は、記事下のSNSシェアボタンクリックをお願い致しますm(__)m

 - 焼酎業界の話題 , , , , , ,

スポンサードリング

スポンサードリング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

木挽ブルー
2016年9月1日より「木挽ブルー」が九州限定発売!その狙いとは!?九州以外からの購入方法含めてご紹介!

今年は異常な暑さに加え、台風の影響が多い夏になりましたね。 まだまだ残暑はありま …

060
日本酒ブームのきっかけをご存知でしょうか!?

突然ですが「國酒プロジェクト」を御存じでしょうか!? 國酒プロジェクト 平成24 …

n_image12
「茜霧島」「赤霧島」「金霧島」etc「霧島焼酎」の価格・仕様まとめ記事

「黒霧島」「白霧島」の3つの違い~表を使って解説~の記事では、霧島酒造が販売する …

OOK89_anatanono120131223500-thumb-662x500-3986
「茜霧島」は「赤霧島」の後継者 プレミア必至のそのわけは!?

1月25日追記 2018年春の茜霧島が出荷開始となりました。 Amazonでの販 …

f0145103_139843
2015年秋販売の「赤霧島」かどうかを調べる方法とは!?

2015年秋の「赤霧島」が販売されて、赤霧島ファンの皆様の手元にも「赤霧島」が届 …

102042_1
「茜霧島」を定価で購入しました!意外な購入先とは!?

2016年1月24日追記⇒「茜霧島」が販売開始となりました。今回も市場調査を実施 …

100
日本の焼酎が世界で認められない理由とは?

「國酒プロジェクト」の後押しを受けて、日本文化の象徴である「日本酒」は世界におい …

pp_shikakuipost500-thumb-750x500-247
「白霧島」どしっとほわんとキャンペーンが始まります!

2015年4月5日追記 どしっとほわんとキャンペーンが始まりました。詳細は下のリ …

f0145103_139843
2015年秋「赤霧島」の発売日が決定しました!

2015年10月23日追記⇒「赤霧島」の販売が開始となりました。 「赤霧島」が定 …

2015年
2015年本格芋焼酎業界を象徴する出来事!宮崎と鹿児島の勢力図が逆転!2016年へ向けて思うこと。

2015年も余すところ10日を切りました。年末年始はお酒を飲む機会も増えると思い …